昭和に生まれて(14)2020/09/23

「運動会」
私が小学生だった昭和10年前後の秋の運動会は町の一大イベントだったから、今の時期は毎日運動会のための練習に明け暮れた。
種目はダンス、100メートル競走、綱引き、大珠転がし、リレー、男子は組み体操や騎馬戦が加わる。それに総行進などなど。

当日になると朝早くからドーンドーンと打ち上げる音が町中に響いた。
この日だけは体操着のままお弁当だけ持って登校する。 運動会の時だけ履く白い薄い木綿の地下足袋が軽い。

人口2万人の小さな町の真ん中に小学校が位置して生徒数が2千人だった。 今では考えられない子沢山(4~5人が普通で8人も)の家庭が多かった。

時計台の上から張られたロープに万国旗がはためき、紅白に飾られた入場門なども華やいでワクワクしたものだ。
正面にはテントが幾つか並び校長先生はじめ来賓の方の席になる。
周囲はござが敷かれて、全校生徒が紅白に分かれて対峙した。 
そのほかの席に、家族や町中の人が集まった。

種目は今とあまり変わらないと思うが、紅白対抗なので騎馬戦などには大きな声援を送った。
「赤 ガンバレ」 「白負けるな」がエスカレートして
「赤 アカン」  「白シンダモーン」 などと声を揃えて大声で囃すがこの日ばかりは天下御免だった。

午前中の締めくくりは全校生徒の総行進で、勇ましい第二校歌に合わせ大きく手を振って400メートルのトラックを何周も回った。 

昼食は貧富の差が大きかった当時の配慮だったのか、生徒は教室でお弁当を食べた。
運動会と遠足のお弁当は、関西風の具の多い太巻き寿司に決まっていて、母親は早起きして作ってくれた。

運動会の最後は、各組から選抜された選手の対抗リレーだ。
皆が燃えた!
終わりに紅白の勝敗が発表され、各競技の勝者に賞状と副賞が校長先生から授与された。

私はいつも中くらいで、何も貰えなかったが、教室では成績の良くない子がヒーローになったりして〜 
ほんとうに楽しかった!

戦争に巻き込まれて行く前の、まだ平穏だった時期の懐かしい思い出です。

コメント

_ カーリー ― 2020/09/23 21:40

平和な時代の楽しいにぎやかな運動会ですね。戦後生まれの運動会も人数こそ少ないものの似たようなものでした。嬉しかったのは、食券を買って、うどん、ぜんざいを食べる事ができた事です。

_ 美海 ― 2020/09/26 17:51

カーリーさん
まだ戦争の影響が出る前の楽しい運動会でした。
ただ おやつは何もなく時代の差を感じて羨ましいです。

_ イノリン ― 2020/09/29 12:41

私の時代(昭和30年代後半)でも足の早い子は足袋を履いてかっこよかったです。リレー選手の特権みたいでした。
下駄を履いてムカデ競走とか楽しかったですね。
親になっても子どもの運動会を見るのも楽しかったです。

_ 美海 ― 2020/09/29 18:06

イノリンさん
おたくの時代にも、あの足袋、有ったのですね〜
もう名前も忘れてしまいましたが、私の頃は全員が体操服にコレを履いたまま、学校に行きました。
ドーン ドーンと朝早くから花火も打ち上げられて、街の一大イベントでした。
下駄を履いてムカデ競走! って楽しそう!

そう こどもの運動会も楽しみでしたぁ
親は 写真撮りまくり^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック