秒読み段階に2017/12/14

今日も雲ひとつない青空に元気を貰って一日中、引っ越し準備を。
もう一息です。

モッタイナイと申し訳ない気持ちを捨てて、ひたすら断捨離。
ヨクもこんなに古いモノを取ってあったと苦笑してしまう。
カメラなんて幾つも。

パソコン関係も機種も何代か変って使えないのに。
不精としか言い様がない。
ま 手伝ってもらいながらだけど、自分で出来てヨカッタなと。

要らないモノは後で始末してくれる引っ越し業者さんを家人が頼んでくれて本当に有難かったです。

さぁ 明日も!

だんだん悟りの境地に?2017/12/13

引っ越しまでに残された日数を考えると焦ってしまう。
でも、マイペースで遣るより仕様がない。

TVの録画を見ながら、遅い昼食を頂いていたら突然家人が二人で来てて吃驚。
嬉しかったな。

業者さんには頼み難い神棚や細かいものをサッと纏めて持ち帰ってくれた。
ついでに手の届かない上部の棚の品々も降ろして貰って大助かり。

彼らが帰ってから、降ろして貰った品々を見ると、古い手紙や記念の品々がイッパイ。
懐かしくて見だしたら胸がイッパイになったけれど、心を無にして断捨離のほうに。

何だか昔を知る私の役目のような気持ちにもなりました。

添付写真は、夕空があまりに美しかったので。

描き溜めた絵を2017/12/12

あと 1週間、何とか頑張ってケリを付け無くては。
途中でダウンしないように、ソレが一番心配だけど、必要に迫られれば何とかなりそう。
イザと云う時には助けて貰えると思える安心感が大きいです。

今日は仲良し会にの方々が、いらしてくださって嬉しかったな。
30年近く描き溜めたを、何とか整理したがそれでも膨大な量。
それに愛着も有るので、もし良かったら貰ってと厚かましいお願いをしていたのだ。

一緒に、一枚づつ丁寧に見ながらそれを描いた時の情景が目に浮かんで懐かしかったです。
でも もう未練は無く、数枚づつを選んでくださって感謝です。

来年は気持ちを新たにして描こうって意欲も湧いてきました。

さあ 明日から引っ越し荷物の最後の詰めを。

添付写真は、古い絵の中に入っていた古い年賀状の元絵。
1996年にはこういうのに凝ってたんだな と微笑ましかったです。

蔵書の始末2017/12/11

今日は、溜め放題だった蔵書の始末を。
迷った挙げ句にヤット7割ぐらい処分することにして業者さんに来て戴いた。

家人も立ち会ってくれて心丈夫。
このお店には何時も気軽く買わせてもらってたが、買って頂くのは初体験。
とても感じの良い方で、手際よく段ボール箱に詰めてくださったが予想より多かったみたい。
それにあまりに古びて諦めていた文学全集なども見て貰ったら引き取ってくださるとのこと。

今日、箱に入り切らなかった分と一緒に取りに来てくださることになってホッとした。
少しでもゴミにならずに生き残ってくれると嬉しいです。

この本好きは遺伝かな。
家人のとこも二人とも本好きで、溢れていいます。

でも過去への愛着は吹っ切れて、来年は新しい本を讀みたいな。

さあ、最後は画です。
来年は前を見てイロイロ挑戦してみよう。
何時まで元気でやれるつもりって、ノー天気な自分に笑ってしまいます。

添付絵は整理してて出て来た昔のスケッチを。

あと10日ほどで2017/12/10

日の経つのが速いこと。
引っ越しの期日に片付けが間に合うかしらと心配になって来る。

引っ越し大好き人間で、その度に新しい環境にワクワクするほうなのだけど、夫が居なくなってからは初めて。
そういえば独り暮らしも、夫を見送ってから生まれて初めての経験だった。

それに自分の加齢に伴う能力減退は否めないから、家人の厚意に甘えることに。
出来るだけ負担をかけないように、少しは役立つことが出来ると良いのだけど昔から家事は苦手だったな。

そういう私を心配してくれて、昨日は近くの家人が、今日はチョット遠くの家人も一緒に応援に来てくれて感謝でした。

やっぱり若いと違うな。
いや 年齢だけでなく有能です。
さっさと引っ越し屋さんの置いていった大量の段ボール箱を組み立てて、分類して詰め込み、内容を書いたのが積み重ねられてスッキリ。

問題は何も考えず描き溜めた油彩画。
マッタクウ、後の始末は考えないで書きまくっていたな。
全部は持って行けなくても写真に残そう。
描くことが楽しくて好きなのだもの。
それでも何点かは貰ってくださる方がいらして嬉しかったです。

添付写真は、一段落したところで外を眺めたら夕焼け空が美しくて。
この眺めともお別れだから、写真を撮りまくってます。