「銀の匙」を2020/07/11

昼食後、何気に開いた本を讀みだしたら、止まらなくて夕方まで一気読みしてしまった。

先日、選挙の折に里帰りして、持ってきた本の一冊だ。
  銀の匙  中 勘助 著  角川文庫 平成4年6月発行
私が買った本ではないけれど、懐かしくて。

夏目漱石が推奨していたのは知ってたが、女学校に入って国語の先生から作文のお手本のように教わって、岩波文庫のを買ったと思う。


余談だが、昭和10年前後は新しい作文教育に力を入れてたみたい。
朧な記憶だけど、6歳上の姉はこの先生に何時も褒めてもらってクラスメイトと同人雑誌みたいのを作っていた。
表紙と挿絵は、絵の得意だった姉が描いてたな。

姉が卒業して一年後に入学した私は作文が苦手で、
先生からは「理屈っぽいんだよ」と言われて納得した覚えが有る。

話しが逸れてしまったが、懐かしいのに内容は殆ど忘れてて、新鮮な思いで讀みました。
後編は、もしかして初めてだったかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日、これをアップアップしてから、コメントを戴いて8年前のブログにブログに同じようなことを書いたのに気が付いた。
 2012年1月25日  「銀の匙』その後
スッカリ忘れていて 恥ずかしかったし自分の脳力後退を痛感させられました。

また 同じようなことを遣りそうだけど、どうぞ笑って見過ごして下さい。
添付絵なんて、同じようなのを何度も〜です。

今日は、久し振りに窓から見える夕景色を水彩で描きかけたが難しいです。

悲しい訃報2020/07/10

今日は、アレもコレもと企画してたのに、何だか気が乗らない。
何か気になる。

午後になって、長いお付き合いの親しい方の訃報を聞く。
虫の知らせなんて信じないほうだけど、何だかシンミリしてしまった。
101歳、世間的には長寿を全うされたと言われるかも知れないが、悲しい。

遠くて、会うことは少なかったが、確か一緒に旅行した時の写真が有る筈〜
イッパイ並んだアルバムを見当つけて一冊引っ張りだして開いたら、ズバリと懐かしいいお顔が!
何だか導かれてるような気分になる。

11年前に一緒に山梨の高原を歩き回って、富士山を眺めたり、お蕎麦屋さんが美味しかったなんて。
90歳でも、とても元気に歩いてられたのに〜

少し遠いので、この時期に伺えない。
淋しいです。

さぁ 明日からは一日一日を大事に生きようって気持ちにもなりました。

添付写真は、旅行の思い出の一枚なのに雲がかかってて。

嬉しくて2020/07/09

今日は懐かしい方から、メールを戴いて嬉しかった。
イロイロお話しも詳しく伺いたいし〜 
と夜分に申し訳ないけどと思いつつ電話を。

久し振りに近況を伺うと うわぁ 凄い!! って感心してしまう。

私が夫の影響でパソコンを初めて、すぐにネットの催しや会議室に参加、その折からお世話になり、30年後の今も懐かしい友人(烏滸がましいかな)です。

そのあと いろいろ思い出に耽っていたら もうこんな時間。
戴いたコメントのレスを失礼してて御免なさい。

明日こそはって、いつものセリフです。

添付する絵も描けなくて昔のを。

未だモタモタと2020/07/08

スマホを購入して、もう4ヶ月が経ったのにまだ使いこなせていない。
言い訳になるが、買ってすぐにコロナ騒ぎだ。
辛うじて分厚い参考書だけは購入出来たのだが、5〜6年前まで使ってた携帯とはスッカリ変ってて戸惑うことばかり。

この歳になると、電話を掛けることも殆ど無いのに、新し物好きの悪い癖が出てしまった。
でも固定電話は持って来なかったから、慣れなくては〜

購入したお店に遠慮しながら説明を請う。
その予約日が今日で、購入した時に応対して下さった方に久し振りに。
基本的なことをパパッと教えて貰って、眼からウロコがって感じで希望が湧きました。

例によって明日こそは〜 です。

添付写真は、荒れ模様の一日で山の間から湧き上がる雲が凄くて。

入居記念日2020/07/07

今日は、ここに入居した日。
丁度、一年経ったなと感慨深かったです。

数えてみると、生まれてから20回くらい転居してる。
新しい住まいは、子供心にも新鮮で楽しかったし、戦時中は疎開も兼ねて琵琶湖のほとりに。

京都の学校の寮にも入ったし、結婚してからは阪神間の仁川や宝塚に。 
夫の東京転勤で横浜に住んだのが一番長かったかも。
定年後に18年暮らした湘南の家も楽しかった。
いろいろ違った経験が出来ました。

ここでの生活も、新しく学ぶことがイッパイです。
この世情でも、安心して過ごさせてもらってることに感謝を新たにしました。

今日は、何となく昔書いたブログを遡って讀んでたらヤメられなくなって、こんな時間に〜

さぁ 明日から新しい気持ちで2年目に突入します。