94歳の誕生日に2021/05/07

.昨日、5月6日は私の誕生日。
昭和2年生まれだから ああ94歳、両親や姉兄に比べて末っ子の私だけがこの歳までって感無量。

この世情になるまでは、5月のGWには遠くの家族も集まって、ついでに私のBDも祝ってもらったと懐かしい。
今年はムリとあきらめていたら、思い掛けない嬉しい日になった。

朝、家人が迎えに来てくれて、遠くに住んでる家人の家に連れていてくれて祝ってくれた。
彼らが結婚した頃以来の想い出が浮かぶ。

ご馳走をイッパイ戴いて、立派なバースデーケーキも!

夫を懐かしむ思い出話に、16年まえに逝った彼が居たらどんなに喜んだだろうと残念だ。

夕方、また車で送って貰って帰宅したら、会えなかったマゴからもお祝メールが〜
涙が滲むほど嬉しい日でした。

添付写真は、今日行った家人が今の郵便事情を考えて、早めに送ってくれてたバースデイカード、丁度BDに届いてました。

電話で2021/05/03

このご時勢に、友人との電話が嬉しい。
夕べは、パソコンの友人に長電話。
パソコンの会議室で知り合って30年近く、あの頃は新幹線に気軽に乗って行き来したなと懐かしく、話しが弾んだ。
教えて貰うこともイッパイ〜

今日は、女学校のときの友人と。
同じクラスメイトのことが気なってたが、難しかった手術も無事済んで帰って来れたって聞いてホッとしながらも、まだ面会は許されないと嘆いていた。
関係ないとこまでキビシいご時勢みたい。

その後、湘南のかつてのクラスメイトに報告かねて電話してまた、ゆっくりと。
今はお互い、時間だけは充分有るもの〜
明日への意欲が湧きました。

添付写真は今日の夕日、大きくて見蕩れてしまう。

久し振りの読書2021/05/01

五月の連休が楽しみだった昔を懐かしみながら、思い切って公園まで出かけた。
行き交う車に身をすくめながらも何とか辿り着けて、新緑の大樹や、花壇の花々が嬉しい。

でも、帰宅したらどっと疲れてがでて、予定してたことが何もできないまま、仕方なく読書三昧の一日に。

先日ブックオフで買ったままになっていた分厚い本をヤット読み切ることが出来た。
「哲学と宗教 全史」 出口治秋明著 ダイヤモンド社
                    2019 第1刷 発行
                    2020 第10刷 発行

衝動買いしたものの難しそうで敬遠していたのだが、人類の辿ってきた宗教、哲学、自然科学の歴史とその時々の情景や事情も記憶のなかから引き出して整理したり、無論新しいことも〜
結構 興味深くちょっと世界が広がった思いになりました。

添付写真は、今日の公園で〜
松の新芽?が珍しくて。

4月も終りに2021/04/30

今日で4月も終り、もう今年も3分の1が過ぎたと思うと焦ってしまう。
遣って置きたいこと、整理することがまだまだ山積みだもの。
それなのに、脳のトレーニングと自己弁護しながらパソコンゲームなどにも時間費やしてるから仕様が無い。

このご時勢に.平穏無事な日々を送れることに感謝です。

落ち着いたら、懐かしい湘南の海や富士山を眺めて、江ノ島、箱根にも〜
京都のお墓にも、足を伸ばして奈良にも行きたいと願ってるけれど脚がドンドン弱ってきた。
歩かないから拍車がかかってるみたい。

反省して、その日のためにもと広間での体操に参加、部屋でもここに来る前に買った足踏み器を漕いでるけど、老化の進みのほうが早そうだ。

今日は、このご時勢で会えない家人への報告兼ねてます。

添付写真は近くで見かけたカラーの花。
湘南の海辺の家の庭にも浜辺にも、イッパイ咲いてた懐かしい想い出の花です。

天長節の想い出に2021/04/29

昭和2年生まれの私には、4月29日は忘れ難い想い出がイッパイだ。
戦前は四大節 1月1日  四方節
       2月11日 紀元節
       4月29日 天長節
       11月3日 明治節
小学校の講堂で厳粛な式が有って、晴れ着で参列した。
セピア色の古い映画のようにその時の情景が蘇る。

私の人生は、昭和とともにと思う気持ちは今も強い。
それなのに今朝起きて、カレンダーの赤字に一瞬、戸惑ったり、新聞の「昭和の日」の小さな字に、つくづく昭和は遠くなりにけり の実感でした。

昨日は、女学校の旧友と電話でユックリ長話して想い出と、今の状況の閉塞感も励まし合ったりして、最期には笑顔でバイバイ。

添付写真は、写生したいと買ってきた鉢花のインパチエンス。
なかなか描けないうちにお花が次々咲いてます。