昭和に生まれて(5)2019/11/18

ー昭和初期の服装髪型ー

昭和5年の正月に撮ったと思われる家族写真を見ると、父親は今と同じような背広、母は着物が主流で、子どもは洋服。

髪型は、女の子はオカッパ、男の子は坊ちゃん刈りと呼ばれていた。
母がパーマを掛けるようになったのは私が小学生になった頃からだったと思う。
無論、後ろで丸く纏めることも無くなった。

男の子は中学生になると、丸刈りを強制された時代だった。
女子は、女学校一年まではオカッパの延長、二年生になった初めて横分けにする子も。
でも大正時代のように長くして括ったり三つ編みにするのはシュウ(ださい)って絶対しなかった。

戦争が激しくなった昭和17、8年頃だったか、女学生の髪型は長く延ばして後ろで括るようにと決められたが誰も守らない。

女学校の4年生になった頃に、
新しい全国統一の制服も指定されたが、新一年生の親もそれを厭がって、全員歴史の有るセーラーがたの制服を整えていた。

女専に入っても髪型の規制は続いてて、時々抜き打ち検査が有ったけれど、先生も「仕方ないわね」って苦笑されながら見逃して下さった。

モンペも強制されたけど、替わりにズボンを作って。
変なところで抵抗したけれど、それを穿いて学徒動員で通った軍需工場では大きな旋盤に向かい、國のためと懸命に徹夜作業したものです。

幼いときの写真から話しが飛躍してしまいました。

スケッチ2019/11/17

一日が短い。
夜更かしの癖が直らないから、朝、目が覚めるともう太陽が燦々と。
夕刻は4時半には真っ暗になってしまう。

東京に来て親しくなった友人が大阪に転勤になって、
「何時まで経っても日が暮れないんだよね」ってボヤイテタのを思い出す。
関西育ちの私は、マッタク反対の嘆きを洩らしたが、パソコンやネットのことを教えてくれた彼も若くして逝ってしまった。

このところ片付けに追われて、スケッチも頓挫したままだ。
焦りも有って、久し振りにスケッチブックを広げて窓から見える空を、水彩で描いてみたが迷いも。
暫くすると、もう夕日の迫力が凄い。
久し振りにパステルで挑戦してみたが更に難しかった。

刻々と変って、アッと言うまに山の彼方に沈んでしまう。
ま 当分続けてみよう。
毎日、空の景色は変るもの。

これからの励みに、恥ずかしいけれど添付しました。

術後検診に2019/11/15

久し振りに、手術して戴いた病院に。
あれから一年が経ったが、その後の経過と転移が無いか検査と診察して戴いて安心です。

でも引っ越して遠くなったから、その度に家人に車で付き添って貰ってる。
まったく意気地無いけど有難いです。

思ったより速く終って帰途についたら、沿道の銀杏並木の黄色が美しい。
街なかに移ってからは観る機会も無くて、見蕩れていたら少し離れた奥に紅葉があちこちに〜

何時もの道と違うことにヤット気が付いた。
彼女の口に出さない優しさが身に沁みて嬉しかったな。

生憎、カメラはカートに入れたままトランクの中で、ただただ目に焼き付けるように見入って楽しみました。

さあ そろそろ勇気を出してバスで街を探検してみよう。
図書館や大きな公園にも行けるようになりたいもの。

添付写真は、古いアルバムの中から。
海辺の家の門の傍に有ったモミジの写真を見つけて懐かしくて。

反省の数々2019/11/13

何とか写生を続けたいと先日近くのお花屋さんで求めた金魚草。
描けないままに、何だか萎れて来たみたい。

夕方になって、描き始めたが難しい。
試行錯誤の連続の末、明日再挑戦しよう と筆を置いた。
脚が悪くなって、遠出はもう無理だもの 教えて戴きには通えないけれど、自分の楽しみのために描くのだから〜
嘆かないで続けよう。

今日は、もう一つ反省。
恵まれた環境になって、買い物に歩く必要も少なくなり閉じ篭り勝ちだ。
易きに流れる悪い癖を痛感させられる機会が有って、せめて室内で歩こうと思い立った。
歩数計を取り出しては確かめながらグルグルと3000歩。

危なくないし、当分続けてみよう。
何時も診て戴いてる先生に先日、薦められた膝の屈伸運動も〜。

今日は、珍しく反省ムード。
書くことで怠惰に流れる自分への戒めです。

添付写真は今日、描けなかった金魚草。

秋晴れ2019/11/12

目が覚めると雲ひとつない青空に嬉しくなって、大洗濯。

気持ちまでスッキリした勢いで、気になっていた医療関係の書類を見直して整理する。
まったくぅ 判断力が鈍って自信が無いから、何でも取って置いて、肝心の大事なのが紛れ込みそう。
慎重に自問自答しながら区分けして、大半は処分。

それにしても、ここ数年いろいろ有って病院のお世話になることが多くて忸怩たるものが有る。
自己努力も必要と、今日もあまり歩けなかった歩数計の数字を眺めて反省してしまった。

この歳になっての引っ越しは、何かと慣れるまでが大変だけど、身辺整理にはイイ機会だったと痛感もします。

添付写真は、あまりにダイナミックで見蕩れてしまった今日の夕焼け空を。