台風去って2019/10/13

昨夜は台風が気になって、深夜1時過ぎまでTVの情報を観ながら
時々 外の様子を覗いてみた。
最初の予報より針路がずれたのか、たいしたことも無さそうでホッと。

でも朝起きてTVで各地の惨状のニュースに胸が痛みました。
昔と違って、建物も河川の防備も整ってると思うのに、自然の脅威を見せつけられた思いです。

ベランダに出ると雲ひとつない青空に彼方の山並みがクッキリと。
昨日、添付した陰鬱な空とあまりに違ってて、思わずカメラを向けた。

徐々に体調も戻って来たら、遣るべき事が山積みだ。
例によって明日こそは〜です。

もうすぐ台風が2019/10/12

台風が二時間後くらいに通過する予報で、TVから眼が離せない。
でもまだ窓の外は風もなく静かだ。
ただ 黄昏時のように暗い。

今日は、朝から外出も控えて室内に閉じ篭り。
携帯電話がけたたましく鳴って、市からの避難勧告が幾度も。
有難いと思いながらもココが一番安心だと思ってる。

添付写真は、今の夕暮れの静かな街のたたずまいです。

台風が2019/10/11

大型の台風が明日の夕刻にこの辺を通過しそうで何だか落ち着かない。
でも ここに越して来て、守られてる安心感は大きくて有難い。
あとは通過地域の被害が少ない事を願うのみです。

台風や風水害の思い出はイッパイだ。
子どもの頃は正確な予報も無くて、二百十日と二百二十日が無事過ぎれば、今年も無事で良かったなんて大人が話していた。

結婚してからは、台風が来る前には窓ガラスに紙を張って板も打ち付けたり。
後はすることもなくてベッドで横になってたら凄い音が。
台風が去ってから外に出ると裏庭の大木が根元から折れていてビックリ。
家に当たらなくて幸運だった。

90年あまり生きてると、さまざまな体験して来たなと思う。
一緒に思い返して話し合える相棒が居ないのが淋しいけれど。

添付絵は、湘南にいた頃の荒れ海の写生です。

初めての医院に2019/10/10

今日も医院に。
手足の痺れが気になって、紹介して戴いた脳神経外科医院で診て戴いた。
まったく神経質だと思うけれど、普通に歩けないって心細いし不便です。

直ぐに診て頂けて、症状を話したらMRIなどで徹底的に検査してくださった。
結果もすぐに出て、院長先生から画像を見ながら解りやすく説明を。
心配してた脳はちゃんとしててホッと安心しました。
ま あとは年齢相応で納得、出来るだけ歩けばマシになりそう。

もう 悪案じするのはヤメようと吹っ切れた思いになれました。

うわぁ 明日から遣る事がイッパイ。
引っ越して来てアッというまに3ヶ月経って、まだ片付いていない。
相変わらず暑い日が続くが、そろそろ衣替えの季節だし〜 なんて。

明日から頑張ろう。

添付写真は、今日も何も撮れなくて古いアルバムの中から今の季節のモミジを。
足慣らしして公園の樹々や花々を観に行きたいな。

一週間も2019/10/09

一週間もブログを休んでしまった。
口腔のチョットした腫れ物の切除だったのに、体調不良で里帰りしたり〜
気が弱いのは若い時からだけど、まったく歳甲斐ないです。

思い切って、今夜は久し振りに夕食を頂きに食堂に行って、お喋りして元気を戴きました。
もう 大丈夫! と自分に喝を入れて、明日から遣りたいことに精を出そうと思います。

もし 心配して下さってたらゴメンナサイ。

添付写真は、里帰りした折に持ち帰った本。
昭和40年発行の全集だけど、もうスッカリ讀んだことさへ忘れているから新しい気持ちで。
当分、楽しめそうです。