樹木図鑑をめくりながら2020/10/19

今日は終日、雨で閉じ篭り。
昨日、求めた花と樹木の図鑑を開いたら、懐かしい想い出がイッパイ蘇った。

小学年四年生の夏に引越した家は、川沿いの海から3軒目の家だった。
初めて、新築でない家だったので母は不満げだったが、庭が広くて仕切られた花壇にお花がイッパイ。
向日葵が花盛り、広縁の前にはチューリップ、 その他にもいろいろで、芝生も有った。
家主さんは学者さんでお仕事の都合で京都に移られたそうだが、奥様が外国の方で洋風だったみたい。
家も和洋折衷で面白かった。

家の前の道路の川沿いに樹が植えられてるが、それもいろいろ。
お隣の方の話しでは、住宅が建ち並んだ折に家の前の街路樹は、夫々の家が自費で好きな樹を植えることになったとか。
それで「ニセアカシア」を。
当時は、きっとハイカラだったのだと思う。

樹木図鑑をめくりながら「ニセアカシア」を見付けて、大昔の想い出に浸りました。
白い花も可愛かったなと微かな記憶が。

私が京都の学校に進学し、父が転勤で琵琶湖のほとりに移ってすぐに一帯は戦災に。
戦後は公園になって、懐かしい松だけが生き残ってました。
何だか樹木図鑑から、古い想い出話に。

添付絵は、関係ない昔に描いたのを。

花と樹木の図鑑を〜2020/10/18

朝は曇ってたのに、昼前には青空に〜
嬉しくてストアに行こうと外に出たら、向こうの方に見えるBOOK OFFの看板に引き寄せられた。

先日は、世界地図と日本地図をお店の方に案内して頂いて求め、次室の壁いっぱいに貼って便利してる。

そうだ 花の図鑑が欲しいな。 
小さいのは持ってたが、度重なる引っ越しで紛失。
公園などで花の写真を撮っても名前が出て来ない。
ブログに添付すると親切な方が教えてくださるのに、暫くするとまた忘れて申し訳ない。

BOOK OFF のカウンターに直行して、お店の方に
「花の図鑑」の所在を伺うと、スグに案内して下さった。
矢張り奥のほうの、普段は行かない場所だ。

沢山 有る中からパッと選んで下さった。
パラッとめくったら私のニーズにピッタリで嬉しくなる。
欲がでて
「樹木の図鑑も〜」
それもサッと。
ずしっと重い2冊を持ち帰って、新しい楽しみが出来ました。

幾つになっても、いやこの歳だから、新しいことを知るのは喜びです。

雨もあがって2020/10/16

このところ、心身の衰えを感じるようになって、歳かな?
いや 蟄居生活で刺激も無いし、外出を控えて歩くことも無いせいだろう。

ま 出来ることから遣ってみようと、今日は久し振りの公園に出掛けた。
私の脚でも10分あまり、無事に辿り着けてホッとする。

樹々の葉はチョット黄ばんだりしてる程度で、あまり秋は感じられない。
モミジの2、3本でもあればいいのにな〜

以前住んでた近くの公園の銀杏並木や、楓が懐かしくなるが、街なかで、便利な恩恵も有るのだものグチはやめよう。

公園の中を一巡りして、樹々の緑と花壇の花々に、元気を貰いました。
これから毎日の習慣にしたいです。

添付写真は、少し黄ばみかけた樹々に、行く道で拾った紅葉した落ち葉を添えてみました。

昭和史を2020/10/15

今日もどんより、今にも降りそうな空模様で閉じ籠り。
読書だけで、もう日が暮れそうです。

このところ、人生の大半を過ごした「昭和」が、どういう時代だったのか知りたくて、古い本を再読する。
読んだ筈なのに忘れてて、新しい気持ちで読み返しました。

あの時代は体験も、考察も人さまざまだし、育った環境でも異なる。
文化交流も乏しかった時代だったと思う。

戦前は、大方の庶民は外国に行く機会も殆ど無かったようだ。
それでも神戸では、外国人の姿はの姿は珍しくなかった。
印度から亡命されてる方とも、母など話してたみたい。

私も知ってる事件にも違った考察が有りそう〜
残りは、今夜の楽しみです。

サボってたせいで2020/10/14

昨日、遣るべきことに専念しよう と宣言して、
手始めに、このところサボってた電子家計簿を久し振りに開いたら何だか変だ。

いろいろ調べたら、前回に誤記入した影響がまだ残っていたみたい。
こういうことは誰にも聞けないから四苦八苦、まったくう頭が益々悪くなってるぅ。

三時間ほど粘って、やっと何とか、正常になって、溜ってた分も記帳出来てホッとしました。
レシートを溜めないで、毎日開かないとと反省。

一段落すると、人恋しくなって久し振りの友人に電話を〜
16年前に湘南から越してきて以来のお付き合いで、7年先輩の彼女の生き方から学ぶことが多かった。
コロナ騒ぎで随分、会えない状態が続いてる。

突然だったのに、懐かしいお声を耳にして嬉しく、お喋りで元気を戴きました。

添付写真は、近くのストアの前の植え込みで見かけたカワイイ小花。
明日からは、もう少し遠出して秋の風情を探したいです。