里帰り2019/08/20

今日は、月イチの仲良し会の日。
先月は心ならずも出席出来なかったので、引っ越してから始めてだ。

いつも家人に車で送り迎えしてもらってたから、バスと電車を乗り継いでも、コチラに来て初体験。
ま 何とか辿り着けて脚も頭もチョット自信が戻りました。

引っ越しを決める前に予約していた本の順番が来たメールを、タイミングよく頂いていたので、図書館に直行。

 「自分が高齢になるということ」 和田秀樹著 新講社 

を借りたが、持ち帰ると期限内に返却に来れないかも知れないと危惧して、図書館内のテーブルで讀んだ。
 ボケることへの恐れに対する明るい示唆などに満ちていて、今の時代、予約者多数って張り紙してるのが納得でした。

丁度2時間で読み終わって、返却出来て良かったです。

さあ 午後は、シニアの仲良し会の会場に。
管理人さんにも温かく迎えてもらって、里帰りした気分で楽しい時間を!
明日への希望と元気をイッパイ貰って、実家に帰り着いたら凄い夕立ち。

ラッキーな一日でした。

添付写真は、久し振りに観る花壇の可愛い花が嬉しくて。

TVを見ながら2019/08/19

昨日、珍しく家事に精を出した反動か、今日はボ〜ッとTVなど見て一日が終わった。
昭和の懐かしい映像に見入ってしまったせいも。
まったく 昭和も遠くなりにけりの心境だ。

幼い子どもの着物(普段着)姿に違和感も。
地域差が大きかったせいかな とも思ったり。
そういうことを確かめる話し合える姉兄など、もう誰も居なくなって確かめるすべも無くなった。

覚えてるうちに自分の昭和史を書いて置きたいって、もうそろそろ始めないと。

取り敢えず、明日は久し振りの仲良し会の日で、皆さまにお目にかかれるのが楽しみです。

添付写真は、今日も何も無くて何年か前に撮った向日葵を。
明日は懐かしい街のお花の写真をイッパイ撮りたいな。
カメラを忘れないように。

家事に専念2019/08/18

昨日は、朝早く家人に車で送って貰って病院に。
遠くなったのと脚が弱ってて、まだ独りで行けなくて申し訳ないやら、情けないです。

その脚と手をそれぞれ、専門の先生に検査と診察をして戴いて、昨年のオペとの関連は無さそうと伺ってホッとしました。
終って、報告がてら元の家に。

残して来たモノの中からまたドッサリの荷物に加えて、近くのホームセンターで収納ケースも購入してしまう。

今日は一日中、整理し直したり、先日買い物に連れて行って貰ってやっと買えた物干し竿のお陰で、気になっていたシーツやカヴァーの大洗濯も。

二時間くらいでパッと乾いてくれてスッキリ。
整理や掃除もして、久し振りに主婦らしい一日を過ごしたな。

遅くなったけれど転居の葉書も刷らないと。

写真が撮れなくて、今日も昔描いた画集の中からです。

10年前のブログ2019/08/16

i昨日8月15日には終戦の日の想いを書くつもりだったのに、必要に迫られて服用薬の仕分けをしていたら、もう12時前に。
種類が多いのと、少し変ったのが覚えられなくて。
我ながらシブトく生きてるなって苦笑してしまう。

毎年、書いてるような気がして、このブログを始めたばかりの2009年8月15日のを見ると、結構詳しく。
一昨日添付した灯火管制の真っ暗な画と、戦争が終って黒い覆いを取り窓も開け放した明るい情景をと二枚添付してました。

当時は82歳、今から思うと好きなことやって、好きなところに出掛けてたなって。
ま 今も好きなことやってるのに変わりはないけれど〜。

明日は去年、オペして戴いた病院の術後定期検診で朝が早いので、そろそろ休みます。

添付絵は、海辺の家に住んでた頃に台風で荒れた海をパステルでスケッチしたものです。

終戦前夜2019/08/14

今日は台風の影響か晴れたり、降ったりの落ち着かない一日。
外出をやめて久し振りにユックリTVを観る。

以前録画した「映像の戦後60年」の一回目の、1945年から1960年の出来事を見ながら、当時の自分のことも懐かしく思い出した。
TVでは出なかった1945年の終戦までのことも。

8月14日には明日、戦争が終わるなんて夢にも思わなかったな。
厳重な灯火管制で、窓には分厚い黒い幕を、天井からぶら下がってた電燈も黒い布で覆って、微かに真下だけに明りが射していた。

空襲警報のサイレンは毎晩のように轟いていて、広島、長崎の次はこの近くにと言う噂も流れていた。
親に庇護されていたことに今も感謝する。

画集作りで古い絵の整理してて見つけた小さなクレヨンで描いた絵にに当時のことを思い出しました。

しみじみと今の平和に感謝しながら。