ミステリー作家 小泉喜美子2010/01/10

ランプのある静物

今朝の朝日新聞の読書欄で小泉喜美子の名を見つけた。
懐かしい!

40代後半から数年前までミステリーにどっぷりはまってきた。
定番のアガサ・クリスティから古典、新人の翻訳されたのは殆ど齧っている。 
日本のも知名なのは読んではいるがあまり興味は持てなかった。
その中で偶然見つけた小泉喜美子の「弁護人側の証人」を読んで彼女のファンになってしまった。
彼女の名はPDジェイムズ、やルース・レンデル、クレイグ・ライスなどの作品の翻訳者としての記憶はあったが、彼女自身の創作は初めて読んだ。

今朝の記事の見出しは
  売れてる本 見事復活 直球ミステリー 小泉喜美子著「弁護人側の証人」
とある。  旧友に会ったような嬉しさがこみ上げた。
うちの本棚を捜すと、これ以外に
 「血の季節」 「殺人はお好き」 「月下の蘭」
の計4冊が見つかった。  後は引越しの時に紛失したのかな。

もう一度読み返してみよう!!!

今チラッと「月下の蘭」のあとがきを見ると 彼女は築地うまれで歌舞伎に詳しく、後年外国ミステリーに接して、正反対のような両者に共通点を見い出したことを書いている。(後でゆっくり読む)

彼女は1985年、50歳くらいの若さで階段転落の事故死されている。
当時の小さな新聞記事を見て惜しい方が亡くなったと哀しかったことを覚えている。

最近少しミステリー離れしてしまったなぁ。  何故だろう?