もの憂い日もある2010/01/05


お正月もあっという間に過ぎた。
賑やかに過ごして嬉しかった元旦、駅伝に燃えた2日、3日。
おせちにも飽きて、年賀状も終わって、ぽかっと空いた今日。

何もしなくていい こんな日が理想だったのに・・・
久しぶりにCGを描いていたが新しいソフトは使いなれなくてもどかしくてやめた。

何をするのも億劫ってこんな状態なんだろうな。

お酒が好きなら するめでも焼いて一杯呑んだらいい気持になるのかな と下戸の私は想像するが 別に羨ましいわけではない。

昼下がりの窓から見える青空と刻々変化する白雲を眺め、やがて二時間もすれば暮れてしまうこの貴重な時間に何もしたくないのが悔しいのだ。

贅沢! って声が聞こえてくる気がする。 判ってる!

なんてメメシク愚痴ったら何だか馬鹿らしくなって元気が湧いてきた。


”一番美しい絵は寝床の中でパイプをくゆらしながら夢みて、決して実現しない画だ。”
            「ゴッホの手紙」より