海辺の家の想い出2015/06/14

想い出の景色
いろいろと一段落ついて今日は朝からボ〜っとしていた。
昨日聞いた、前に住んでいた家が取り壊され更地になった話に何となく当時のことが思い出される。

夫が定年になったのを機に静かなところに住みたいと言いだして随分捜しまわった。
関東一円、富士山の麓や伊豆まで足をのばしたものだ。

ま ドライブを楽しんでた面も有る。
辺鄙だが景色の好い土地が都会に比べて安いのにも驚く。
でも慣れない私にはチョット淋しい感じもした。

いろいろ有ったが結局街にも近い湘南に決めて昭和初期に建てられた日本家屋を風情を残しながらリフォームしてもらう。

小高い山に隣接していてリスやタヌキが遊びにくるし、昆虫好きの私にはカブトムシ、クワガタ、蝉、トンボなどなどがたまらなく嬉しい。
ウグイス、メジロ、ハクセキレイ、ヒヨドリ・・なども賑やかだった。
カラスも巣を作って雛が可愛かった。

アライグマは眺めるのは楽しいが相手するのは怖い。
ヘビだけは苦手で大声で夫を呼ぶ。
マムシも夫は捕獲して土地の方にさしあげるとマムシ酒にしたと喜ばれた。

18年間、楽しい想い出がいっぱいだ。
広縁に置いたテーブルで海を眺めながら随分スケッチしたものだ。
富士山と夕陽と海に浮かぶヨットは何時観ても魅かれた。

休日には家族が幼かったマゴ達を連れて遊びに来てくれて楽しかったな。
でも夫と一緒だから暮らせた家で楽しい想い出に感謝しつつ、もう未練は無いです。

そんなことを思い出しながらその頃の絵を捜したがこの季節のは殆ど添付済みで
むか〜しCGに凝ってた頃のを。

家や庭の写真もイッパイ撮って置けばヨカッタのに、あの頃はデジカメの出る前でした。