補聴器(15.6.3)2015/06/04

花ざかり
昨日は補聴器のお店に行ってきた。
耳掛け式は手先きが不器用になった私にはムリと、耳穴式に変えてもらった試作品が出来たので着用して色々説明を伺う。

想像していたより違和感が少なくて、新しい音の世界が新鮮に感じられた。

テストして微調整、付け方の練習、保管方法などなどに2時間近くかけてくださって納得。
それでも頭悪くなってて心配で白紙に大きな字で要点をメモして頂く。
まったく手の掛かる客だなと苦笑してしまった。

「お声が小さくなりましたよ」
これまで自分が聞こえないから大きな声で喋っていたらしい。

更に2週間の試着期間で次回の予約をして帰宅。

夕方までは着用してるのを忘れそうなくらいだったのに夜になって耳障りな音が気になりだし耳も少し痛がゆい。
はずしてメモを見ながら電池をはずし指定された容器に収納してホッとした。
でも先きが思い遣られる。

そして今朝はリハビリには着けて行けないから、昼過ぎに帰宅してから、また書いて貰ったメモを見ながら慎重に耳に差し込んだ。

特別に違和感なし。
夕べは疲れがでたのかもとチョッと安堵しました。
今、パソコンのキーを叩いてるとこれまで全く知らなかった金属音がカシャカシャってなってます。

添付写真は面白い雲を見上げて思わずパチリ。
地上は今、色とりどりの花盛りです。