写生会に2015/06/02

府中郷土の森にて
写生会で「府中市郷土の森」に行って来た。
初めての所で先輩の友人に連れて行って貰う。

東京近辺に越して来て50数年経つのに未だに地理不案内だし、行ったことの無い所がイッパイだ。
「分倍河原」の駅に降り立って珍しくてキョロキョロしてながらバスに乗る。

無論「府中市郷土の森」も初めてだ。
豊かな緑に紫陽花が美しい。
いにしえの立派な土蔵や茅葺きの民家、水車小屋などが点在していて素敵なところでした。

水車小屋の見えるベンチに腰かけて、夢中になって写生しました。

出だしは自分でもちょっとイイ感じと嬉しかったのだけど、最後の詰めが難しかしくて四苦八苦。
反省しながらも先が開けて来た思いだった。

新鮮な風景に出遇って刺激を受けることも大事なことみたいです。
機会が有れば出来るだけ出掛けたい。

帰途、友人と早めの夕食代わりの珈琲と軽食で積もる話をいっぱいして帰宅したらもうこの時間。
充実した嬉しい一日でした。