古事記あれこれ2014/10/11

古事記 他
胆嚢摘出手術をしてからもう3年半が経ったが、あの時併発した膵炎が慢性化して二ヶ月に一度、診察とお薬を貰いに行く。

今日はその予約の日で早起きして出掛けた。
アトリエに続いて早起きはチョット辛かったが、1時間半くらいの道のりで道筋にもすっかり慣れた。

3回入院して通算半年程の日々を思い出して懐かしい。
お世話になった看護師長さんに今日はお会い出来て
「とってもお元気そうですね」とお声かけて頂いて嬉しかった。

先ず眼科で見て頂いて「異常なし」でほっとしてお薬だけ処方して戴いた。
本命の入院時から主治医の先生の診察では
「変わりないですね。 大丈夫ですよ」
といろいろ撮った画像で詳しく説明してくださった。

「これって 一生ものですね」
「まあね」
余命考えたら大した問題ではないと笑ってしまった。
油脂や甘いモノの制限は有るが、もう馴れて苦痛ではない。
定期的に見て戴けるので却って健康維持出来ているのかもしれない。

帰りに病院の筋向かいに大きなブックオフのお店が有ったので覗いてみた。
先ず岩波文庫の「古事記」を捜して奥の一番上の棚に見つけた。
踏み台が見当たらなくてうんと背伸びしたヤット取れた。

想い出の古事記の倍以上分厚くて500円。
2013年5月 第83刷発行とあった。

あとは100円コーナで添付写真の2冊をついでに買う。
本を入手すると何とも豊かな気持ちになる。

帰りの電車の中で「古事記」を讀み始めると、昔風の古い言葉で書かれているのもまた心地良かった。
以前讀んだときと違って関係が頭に入っているから理解し易い。

松尾たいこさんの「古事記 ゆる神様 100図鑑」のお陰で、両方の楽しみを頂きました。

昨日今日と連チャンで疲れたけれど、それ以上に収穫有りです。

帰ってブログを見たら松尾たいこさんが私の駄文に触れてくださっていて嬉しかったです。 感激。
さあ 今夜はゆっくり二冊の古事記をあわせて讀むのが楽しみです。