久し振りに本を買う2014/10/01

今日買った本
秋めいてから何となく風邪っぽくて、10月になって何時ものお薬を頂きに行く日でもあったから診て戴いた。
葛根湯を処方して戴いて様子見だ。

術後の薬が何種類か未だに縁が切れないから正直これ以上薬は増やしたくない。
先生に症状を聞いて戴いただけで安心した。

薬を貰いに薬局の前に行くと、バス停に1時間に一本のバスが来るのが見えて飛び乗る。
久し振りの友達とも一緒になってお喋りしていたら元気が出てきた。
多分に気持ちの在り方が身体具合に影響するようだ。
それプラス夏バテかな。

隣街に行って先ずブックオフで
「昭和とはなにだったのか」保坂正康 講談社文庫 2005年1月
「零戦」 堀越二郎  角川文庫  平成24年12月
              1970年3月に光文社より刊行
「漢字クイズ」 光文社   2001年5月
いずれも108円コーナだ。
零戦と設計された堀越二郎氏のことは懐かしさが有って見つけて嬉しかった。

今日、買いたかったのは池内了著の新しい本で題名をメモしてくるのを忘れたが丸善で聞けば判ると、開店するまで待ってざっと新本コーナーを見る。
「自分の壁」養老孟司、「哲学の使い方」鷲田清一の2冊を抱えてレジで
「池内了の新しく出た新書判、題名忘れたのですが・・」
早速調べてくださったが
「新書版だと「宇宙論と神」ですが大分前の発行ですよ」
う〜ん 聞き覚えの有る題名だけど、確か案内のメール貰ったのはつい最近だった筈だ。

お礼を言って諦めて、帰ってからメールを確かめたら「宇宙論と神」で良かったのだ。
まったくう 記憶力減退に呆れてしまう。

まあ 当分読む本が出来たから今度買い物に行った時の楽しみにしよう。
最近、矢鱈と難しいと思う本に興味が魅かれるのは歳のせいかなと思わないでも無い。

     ーーーーーーーーーーーーーー
これを書いてアップしてから3時間経って今、気が付いた。
書店で
「新書版だと「宇宙論と神」ですが大分前の発行ですよ」
と言われた時に私は
「その本なら買って讀んだ覚えが有るのですけど〜」
あくまでメールで最近発売になりましたと云う日に拘っていた。

今、他の本を探して書棚を見たら、なんと池内了氏の「宇宙論と神」2014年2月19日発行 存在してた。
私の早とちりで、正しく伝えてくださった書店の方に改めて感謝する。
パラパラとめくったら讀んだ記憶が蘇った。

メール元の書店で今度発売になりましたってことだったのだ。
いい加減に讀んだ私が悪いのです。