お彼岸2014/09/21

お彼岸には必ず!
近くの道路脇の小さな祠の前に彼岸花の赤を見ると
「ああ、お彼岸だな〜」
と懐かしいような、切ないような気持ちになる。

子どもの頃は、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな) 、幽霊花(ゆうれいばな)、狐花(きつねばな)などなどの言葉と毒のイメージが強かった。
今はもう秋の風情としての美しさのほうに魅かれる。

戦前のお彼岸にはお萩作りで台所がお祭りのような騒ぎだったのを懐かしく思い出すが戦争が激しくなればそれどころではなかった。
(何年か前のブログに書いている)

戦後、復興してからはストアなどで手軽に買う。
我が家は昔からお墓が遠い地に有るからお彼岸にお参りすることも無かった。
今頃になって一家揃ってお墓参りも良い習慣だなと思うようになったのは親兄姉が皆あちらの人になったからだろう。

ともあれ私のお彼岸は衣服の入れ替えで、朝からクローゼットや衣装ケースを引っくり返している。
寝具も秋向きにしてカヴァーやシーツ類の大洗濯する。

ふと頭をよぎったのは学生だった頃の寮に入りたての時に、先生から
「日曜日は安息日ですから洗濯などは控えるように。
 せめて午後にしなさい」
あの戦時下でも学園の中は世間と違う雰囲気だった。

不肖の生徒はず〜っと土、日曜は家事の日と決めている。
お彼岸に全然関係のない事を思い出した。

中日は明後日なのだろう。
何となく京都へお墓参りにいきたくなったが、行くならやはり紅葉か梅の時季がいいな。