高齢者セミナー2013/10/01

秋空のブルーが鮮やか
近くのセンターで高齢と人生について考えるセミナーが有り、今日はその一回目だった。
地元の大学関係の方々が講師として来て下さって前半はインド哲学やエリクソン、ユングなどの考えの要点をスライドとテキストで説明して下さったが、何となく理解が出来ても奥が深過ぎて自分の知識のなさが恥ずかしかった。
ゆっくり関連の本を探して讀んでみよう。

後半の1時間は心理学の先生がA4サイズの用紙を8個のマスが出来るように折って拡げマスごとに、今自分に大事なものを一つづつ書きなさいと。
つまり8個の大事な事をそれぞれが書いた。
参加者が16名(男女半々)、講師と関係者の方を入れても20名ほどだ。机を四角に並べて皆さんの姿がよく見える。
真剣な面持ちで書き終えると先生が
「今、大地震がきました。8個の大事なものの中から何を捨てますか?」
首を捻りながら千切って先生の持ってこられる紙袋の中に放り込んだ。
色々な災害に一個ずつ大事なものを捨てて行って手元に残った一番大事なものを、その理由とともに順番に発表した。

なかなか面白かったな。
まず自分が大切に思っているものを、ぱっと聞かれても迷うものだ。
私は、「健康」「お金」「絵を描く」「読書」「友人」「家族」 そして抽象的になるが「世界の平和」「アイデンティティ」。 この辺はチョット趣旨から外れたかも。
そして最後に「家族」の一枚が手元に残った。

殆どの方が最後の一枚は同じような願いで少し驚きながら嬉しかった。

あと5回、来年初めまで続く。  楽しみが増えた。
申し込み期限が過ぎてから気が付いて問い合わせると定員に達してなくて入れて戴いたので友人が誘えなかったのが淋しい。

近くでいろいろな分野のセミナーが有って欲しいと願っている。
まだまだ知りたい事がいっぱい有る。
それを世の中に役立てられないのだから無駄な願いと思いつつも、新しい知識が精神的にも肉体的にも元気を与えてくれることは事実だ。

読書三昧2013/10/02

秋の草花
小雨の中、お月謝などの振込に隣街に行く。
バス停で友人に出会い話が弾んだ。
彼女はは私より一歳若いだけなのに毎日この時間のバスで買い出しに行って若い家人の食事を作っているから尊敬してしまう。
私など夫が逝ってからは自分のためだけの支度だ。
料理は苦にならないが手抜きも甚だしい。

銀行で振込を済ました後、100円ショップでクリアケースやノートを買ったがもう来年のカレンダーや手帳が並んでいるのに吃驚だ。
去年は年末に来たら気に入ったのが残っていなかったから使い勝手の良い手帳や卓上カレンダーは早めに求めよう。

一階下はブックオフでさあ〜っと背表紙を見て歩いて讀みたいのも有ったけれど今は未読の本が手元に溜っているから当分お預けだ。

食料品も程々買い込んで、帰り道に図書館に寄った。
先日ネットで教えて戴いた
「井上ひさしと考える日本の農業」家の光協会
は在庫が無くリクエストの書類を書く。
千早茜の「魚神」・「おとぎのかけら」は書棚から持って来て下さった。
「あとかた」は予約だ。
初めて讀む作家で予備知識ゼロで、なんだかワクワクする。

昨晩、一気読みした
「絆の構造 依存と自立の心理学」高橋敬子 講談社現代新書
はなかなか勉強になった箇所も多かったけれど論文讀んでるみたいな感じもして最後は少し疲れた。 歳かな。

今チョット「おとぎのかけら」の目次を見たら懐かしい童話の名前が・・・。

これ書き終わったら早速讀もう。

秋の大掃除2013/10/03

蘇鉄の若木
起き立てはどんより曇っていたのに朝食を済ました頃には明るい日射しが奥まで射し込んで来た。
リビングは一面ガラスだから朝日に照らされると汚れが目立つ。
先日の雨の痕がイッパイだ。
「秋の大掃除といくか」
と呟きながら、ガラスクリーナーとスポンジと硬質ゴムの付いた器具を用意し、サングラスとエプロン、農作業用の日除け帽子で身支度する。

前に住んでた家は古い日本家屋で掃き出しのガラス建具の数も半端じゃなかったから道具も揃っていて慣れてはいるのだけど、マンションは両隣、下の階の方に気を遣うから荒っぽい事は出来ない。

洗面所から長いホースを引いて来ると後はノズルを調整して手順通りに遣ればいい。

吉本隆明氏のエッセーで成る程と思った言葉
「先を考えず今の足もとだけを見つめて・・・」
高齢者の知恵だ。
今だけに熱中すれば焦る事も無く、何分後か何時間後かには確実に仕上がる。
それと若い時のように完全を求めない。

ついでにバルコニーの排水口も掃除してスッキリした。

まだ秋の大掃除をする箇所が残っている。
爽やかなこの時季にやってしまおう。

独り暮らしは頭も身体も使わなくてはいけないものだ。
出来る間の幸せを思う。
先の事はその時が来たら考えよう。

秋景色を捜して散歩していたら門口に置かれた蘇鉄の瑞々しい緑に魅かれた。
やっぱり 若いっていいなぁ。

静物画の一回目2013/10/04

静物 一回目(油彩)F15号
アトリエ行きは一日仕事だ。
朝、7時40分に家を出て、今帰宅した。
お仲間と食事したり帰りに買い物をするけれど、それでも往復所要時間は4時間近い。
新幹線でとか、千葉からの方はもっと時間掛かるのだろう。

私にとっては掛け替えのない嬉しく楽しい一日だ。
静物のモチーフを眺め、描きたいものと構図を決めて取り掛かっても次々と考えが変って塗りつぶす。
簡単に描き直せる油彩が一番性に合っているようだ。

完成すれば大抵、未熟さにガッカリするのだけど夢中になって塗りたくっているときの楽しさを今日も満喫した。

未完成の絵をブログに添付するのはどうかな と思うがこれは自分のためで毎日手軽に見れるから次へのイメージを膨らませられる。 
ここはチョッと不味いかな なんてことも。

今日は先生が見に来て下さった時に
「新しい筆、買いましたぁ」
と報告!
「でも勿体ないから仕上げの時におろします」
案の定
「新しい筆は一番に使わなくちゃ 買った意味ないよ」

次回には使おう。
主に細いのを買ったから良い線が描けるか楽しみだ。

もう窓が暗くなった。 日が短くなっていく。

若い作家に魅せられて2013/10/05

魅せられて
もう二〜三日前の事になるが、教えて頂いて図書館から借りて来た
千早茜さんの本を午後から読み出したら止まらない。
「おとぎのかけら」新釈西洋童話集
を夕方までに一気読みした。
子どもの頃はグリム童話集とアンデルセンの童話は怖くって悲しくってあまり好きじゃなかったが大人に近づいて讀み直すと少し成長した眼で讀めた事を思い出す。
昔の翻訳は割合に忠実だったのかも。
それを土台にした物語に若い感性が光っていて惹かれるものがあった。
返却する前にもう一度今度はゆっくり噛み締めながら讀んでみたい。
夜は
「魚神」iogami 千早茜 集英社
   第21回 小節すばる新人賞受賞
こちらも読み出したら止まらなくて読み終わったら日付が変わっていた。
最近は小説から遠ざかり勝ちだったが作者の才能が素晴らしいのだろう、夢中になれた。
私が作者の歳頃のときとは随分変ったなとも思う。

素敵な作者を教えて頂いて感謝!
これだからブログはやめられない。

家人から「もうすぐ行くから」って電話を貰った。
そろそろかな。
若い人達から教えて貰いたいことがいっぱいで話が楽しくて待ち遠しいな。