姉の想い出2012/02/01

姉に描いてもらった
連ドラの東京芸大を受験する話を観て姉のことを書きたくなった。
生きていれば3月には90歳だったが6年前に亡くなった。
小学生のころから近所の先生に絵を学んでいてその先生の紹介で本格的に油絵を始める。
最初はお弟子さんは若い男性ばかりで女の子は一人だけだったらしい。
女学校1年生の頃にはもう裸婦を描いていたようだ。
5年生のときに先生が属していらした二科展に初めて応募して入選し母と二人で東京に行き嬉しそうだった。
新聞記者が取材に見えたりして兄も私も浮き浮きしたものだ。

卒業すれば上野の美術学校に行きたいと姉は切望し、周囲も当然だと思っていたのに父が反対した。
女性も上級学校に進学すべきだと新しい考えの父だったが矢張り結婚が女性の幸せだと考えていたようだ。
それに戦争がどうなるか、東京に出すことも不安だったらしい。
先生も父に頼まれたのか後押ししてくれなかったと姉は口惜しそうだった。
結局地元の国文科に進学して父に谷崎潤一郎の「源氏物語」を買って貰ったりしてたけど今思うと惜しかったな。

翌年100号の子ども達が絵を描いている群像が入選したのが最後だった。
素敵だった義兄とお見合い結婚してからは殆ど絵筆を取ることはなかったのではないか。
お互い子ども達が巣立った後に電話でよく話し合ったが当時のことに触れると「上野に行きたかった」と沁みじみ述懐していた。
時代が悪かったし長女だから家出も出来なかったのだろう。
子どもや孫に恵まれた晩年の幸せを思うとどちらが良かったのか判らない。

私が結婚する時に鏡台の被いに絵を描いてくれたのが残っていた。
これしか姉を偲ぶよすがは無いので写真を撮ったが姉がいたら不本意だって怒るかな。
モダンで私は当時気に入っていたのだけど。

10年前には2012/02/02

冬の日射しの中で
  小さな棘がチクリと刺さる
 それは 不満 意地悪 不正 怒り
 そんな日は 無心に花を愛でよう
   大きな海を眺めよう
  山の木々の緑に包まれよう
 人にすこ〜し優しいことをしてみよう

パソコンのなかを探っていたら10年前のこんな言葉が出て来た。
ホームページ作りに凝って雑誌のようにして遊んでいた頃だ。
表紙には 2002, 2月号 馬と花の絵の下にこの言葉が。
目次には今月の絵、読書日記 エッセイ などなど・・・
独り遊びだったが楽しかったな。

10年なんてあっという間に過ぎてしまう。
自分では何にも変化しないように思っていたが昔書いたモノをあらためて讀むと若かった。
未熟だったとも感受性が残っていたとも。
今はトゲがささることも無いし、人間関係でクヨクヨすることもない。
人との触れ合いが希薄になったのだろうか。

30年前は職場での人間関係にもみくちゃになっていた。
歳を重ねることで気付かぬままに変ってきた自分がいるのだろうかと改めて考えさせられた。

「茨木のり子集 言の葉」を2012/02/03

雪遊び(粘土人形)
今日は節分 恵方巻きを買いに行った。
子どもの頃の関西ではこんな習慣は無かったが好物なのでお豆の方は省略しても毎年楽しんでいる。

出たついでに図書館に寄り讀みたかった茨木のり子の詩集を調べてもらうと3冊ヒットした。
「茨木のり子集 言の葉」筑摩書房  1〜3
嬉しかった。
3冊とも借りてずっしりと重いのを抱えて帰る。

お名前は知っていたがちゃんと讀むのは初めてだ。
1926年生まれで1歳しか違わないので時代背景も感じ方もすんなり流れ込んでくる。
後半のエッセイ「はたちが敗戦」に語られてることは私の体験と重なり、お父様が医師でいらして薬専に進学するようにという所もそっくりだった。私は空襲などを心配した父の配慮で実現しなかったものの親近感を持った。
彼女は薬剤師の資格を得ながら詩の世界に没入することになる。

選びぬかれた言葉の重みをずしっと感じつつも気持ちの良い旋律に乗せられて1冊目の詩は一気読みしてしまった。
もう一度 今度はゆっくり味わいながら讀もう。

詩は私には解らないと敬遠して来たが讀むキッカケを戴いて良かったと感謝しています。

立春2012/02/04

梅の莟が
立春だ。
散歩途中の梅の樹をしげしげと見上げていたら1輪だけ白い莟を見つけて嬉しくてカメラを向けた。
でも遠くてなかなか焦点が定まらない。
案の定帰ってからパソコンで見たら肝心の所だけぼやけている。
ま いいか。 こんな感じの立春だもの。
次は早春満開の梅を撮りに行こう。

昨日からずっと「茨木のり子集 言の葉」を讀んでいる。
教えて貰って讀むキッカケになった
 「自分の感受性くらい」
最後のフレーズにぐっときた。

学生の頃は一応ワーズワスやテニスンの詩集を読み美しいと思ったがそれ以上には踏み込めなかった。
 私の耳は貝の殻
 海の響きを懐かしむ
時々ふっと思いだすこの詩がジャン・コクトーのだって最近読んだ本で再確認したくらい詩には疎い。

今度借りて来た3冊には詩のほかにエッセイの中で大岡信、谷川俊太郎、岸田衿子などのお名前が出ていて興味深かった。
読みかけの本が傍に有るって心が豊かになる。

閑話2012/02/05

モミジバフウの実
モミジバフウ(紅葉楓)の実がまだ鈴生りだ。 
透き通った冬の青空にくっきり映えている。
地面に落ちているのを拾ってしげしげと眺めると矢鱈とトゲトゲしていて微笑ましくなる。
まるで私の若い時みたいじゃん。
男女同権! なんて議論ばっかりしていた。
敗戦後、これまでの権威が失墜したなかで学生が一番元気があったように思う。
今考えれば幼稚だったけれどそれまでの無知を取り返したくて新しく出版される本を並んで買い社研などで討論しあったものだ。
街は闇市と猥雑なモノと知的なモノとが混在して妙な活気が漲っていた。
触ると痛い様なモミジバフウの実を見ながら昔の自分を見てるようで愛しかった。
授業料とささやかだったが小遣いを送ってくれる親がいたから好きなことが言って居られたのだと今頃になって感謝する。
親の世代も大変だったが、あの頃の高齢者は一番気の毒だった。
価値観が一変して我々若者は何かに付けて「古い考え」ときめつけた覚えが有る。
今の若い人に比べれば未熟でただ矢鱈と何か解らないモノを捜し求めていた自分を思い出しちょっと懐かしい。