新しい年2012/01/01

正月の掛け軸
新年あけましておめでとうございます

少し淡い白い雲がかかっているが暖かい日射しを浴びて穏やかな幕開けだ。
昨年の私の干支の卯年は散々だったな。
12年に一回の巡りを結構楽しみにしていたのに。
母が辰年だったことを思い出した。
父が寅年で子ども心に「竜虎争う」うちはホントはどちらが強いのだろうなんて考えたことがある。

昨夜は近くの家人に招かれて鋤焼きと紅白観戦、年越しそばで真夜中に送って貰った。
今日は家族が全員集まる。
幸せだと思う。
自分の為にも周囲で支えてくれているみんなに報いるためにも今年は前向きに明るく生きたい。

添付の鶴の掛け軸は由来は判らないが百年くらい前のものかしら。
もうぼろぼろだが床の間の無いマンションに来ても正月がくれば壁に飾り年を経た味わいもいいなと思うようになった。
人間もそう有りたい。

箱根駅伝2012/01/02

湘南から望む新春の富士山
元旦の一家団欒の心地よい余韻を感じながら今朝は独り駅伝を観た。
贔屓の特定の選手も学校もないのだが毎年結構熱くなって応援している。
ただひたすら走るだけなのに若いっていいな、素敵だ。
最後尾のお腹を押さえながら頑張っていた選手が無事ゴール出来たかしらと気になったがその前に中継は終ってしまった。

久しぶりに箱根の景色を見て懐かしかった。
夫の定年後湘南の海辺に移り住んでからは海と富士山を横目に観ながら箱根へよくドライブした。
テレビに映った箱根の登り道の旅館やお店、そして芦ノ湖の展望は何度行っても飽きることが無かった。
関西育ちの我々は関東には馴染めないことが多かったのに箱根は好きだった。
それとやっぱり富士山は何度観ても新鮮な感激が有る。
何時でも行けると思っていた箱根なのにお互い高齢になり夫が闘病の末亡くなって遠い存在になってしまった。
二人で楽しめた時間の貴重さを無くしてから思い知る。
教訓 いつでも今を大事に噛み締めて悔いなく楽しもう。

横道にそれたが明日の復路を期待している。

年頭に2012/01/03

飛翔
年が改まると自分もリフレッシュしたくなる。
これまで「期待しない」をモットーにしてきたのは良いことが有れば総てが予想外で嬉しいし、失敗しても当たり前で落ち込まなくて済む。
考えてみれば私の場合は臆病だからだろう。
それに悪いことばかりを想像するようにもなる。

今年はやりたいこと、達成したいことを願ってみようかな。
頭からダメなんてきめつけないで諦めないでいたら知らず知らずにその方向に努力するようになって実現するかもしれない。
自分に期待するのも悪くない。
幾つになっても逃げはつまらない。

午後になって広がった青空の羽を広げて飛び立つような雲を眺めながらそんなことを考えた。
朝から箱根駅伝を観ていた影響もありそうだ。

電話2012/01/04

窓際のシクラメン
元旦が過ぎて独りでテレビを観ながらお節料理をつつく。
自分用だと手抜きしているから味はもうひとつだ。
あとは何をする気にもなれなくてぼ〜っとしてたら遠くに住む友人から電話がかかってきた。
お互い子どもが幼稚園の頃に新しい造成地に家を建て親しくなって子どもが成人する頃には夫々違う土地に移ったが懐かしい友人だ。
「年賀状だけじゃなくって やっぱり声聞きたかったから」
って嬉しいこと言ってくれる彼女の優しさが嬉しかった。
付き合い下手の私と違ってあの頃のお仲間との交流が続いてて懐かしい方々の消息を聞かせてもらった。
亡くなられた方々のことを聞くと時の移ろいにしんみりする。

午後にはここに移って来て一番の友人から「おめでとう」の電話。
暮れから元旦はお互い離れた家族と一緒に居ることが多いから遠慮してたのだが相変わらずの明るい声が飛び込んで来て感謝。

昨晩は若い友人からの電話で1時間以上お喋りした。
楽しかったな。

今朝は絵で知り合った20年来の友人から電話、偶然同じ様な病気をして療養中だから情報交換して励まし合いながら元気を貰った。

思うように外出が出来なくなって独り閉じ篭り状態になると昔はあんなに欲しかった時間まで持て余すようになる。
意欲を駆り立てる刺激がない。
そんな時に電話ってほんとうに有り難い。
何気ないお喋りにどれだけ癒され明るく前向きになれることか。
メールにはもう一つ親しめない固定電話世代かな。
うん 少し若い世代の友人はそんな私に付き合ってくれているのだろうな。
10年先輩の友人にも電話をしよう。 年賀状で元気な写真は見せてもらったとこだけど。
歳取るほどに女性同士のお喋りって本音で楽しい。

読書覚え書き2012/01/06

鎌倉瑞泉寺の梅の頃
新聞広告で興味惹かれて図書館に寄った。
「ビブリア古書堂の事件手帳」三上延著 メディアワークス文庫
著者も評判も全然知らなかったけれど古書の世界なら面白そうという軽い気持ちだった。
図書館の受付で広告の切り抜きを見せるとパソコン検索の結果は103人待ち、在庫と合わせてざっと計算すると半年さきになる。
「すみません 書店に行きます」
お礼を言って昨日、買い物のついでに隣街で買い求めた。
税込みで619円だった。

午後例によって一気読みしてしまう。
舞台が北鎌倉の古書店という設定が先ず嬉しかった。
暗くしっとりした古都の風景に溶け込んでいる。
以前の住まいから鎌倉は近くて稽古事で毎週通ったり、夫と車で四季折々を楽しんだ想い出がいっぱいある。

古本屋巡りは私の若い時からの趣味(お金もなかったし)だが鎌倉の古書店はちょっと風格があって珍しい本も奥に有って眺めるのが楽しみだった。
そんな想いを重ね合わせながら楽しく読んだ。

でも一般的に考えると比較的地味な本だと思うのに大ヒット、100万部突破!って若い層に人気があるのが意外だった。
感想を聞いてみたい。

余談だが出てくる本のなかで読んだのは夏目漱石の「それから」だけだったのはちょっとショックだった。
今度出掛けたら続編を買ってこよう。