愚痴2011/12/01

銀杏の絨毯
先日、医院に何時ものお薬を貰いに行った折に
「退院して半年も経つのに元気がでないんです」
と訴えて念のため血液検査をして戴いた。
そして今日、その結果を伺ったら全然問題なしだった。
「やはり長期入院して大変だったから暫くかかりますよ」
それプラス加齢だろうなと心の中で思った。
ホッとしながらも意気地無い自分が情けない。

色んな苦労をしてきたつもりでもまだまだ甘い。
恵まれた人生だったと思う。
欲望は少ないほうだからささやかな今の生活で満足している。
本が読めて、絵が描けて、パソコンして、友人とお喋り出来れば退屈することはなかった。

初めて私にしては大病して戸惑っているのだろう。
神経質になってる。
う〜ん 哲学書を何十年振りに讀み直そうか。
それとも日々の楽しさだけを捜して浸ろうか。
などと理屈が先走るのが私の悪い癖だ。

何だか恥ずかしいことを書いてしまったがチョットすっきりした。

義姉の命日2011/12/02

紅葉真っ盛り
今日は義姉の命日で久しぶりに神棚の扉を開けてお位牌を前に出しお神酒、洗米、水を供える。
榊を買いに出掛けたら真冬並みの寒さだった。
夫の写真は身近な場所に置いてるけれどご先祖様の神棚は脚立を持って来なければ届かないからつい疎かになっている。
悪い嫁だなと義母に申し訳ないと思いながらもクリスチャンの母と宗教に関心のなかった父に育てられた私は未だに仕来りに馴染めないでいるのだ。

義姉が亡くなってもう50年が過ぎる。
子どもの頃から心臓の持病を抱えていて結婚したお相手のお医者さんが驚いて離縁になったと義母から聞いた。
私たちが結婚して2年ばかり離れで暮らしていらしたから時には一緒に食事して親しくなったが賢くて7歳年下の世間知らずの私を温かい眼で見てくれた。
義母が東京へ、我々も数年後には東京に転勤になり遠くなってから突然の訃報が入って老齢の義母と幼児を抱えた私はお別れには行けなかった。
まだ若かったのに、元気にお勤めもしてたのに、悲しかった。

義母は5人の子どもに恵まれながら次女は赤ちゃんの時に麻疹で、末っ子の次男は大学卒業後すぐに結核で亡くしている。
老齢になってからの三女との別れは嘸辛かったことだろう。
昔はこういう悲しいことが多かった。

義姉のお位牌を見つめながら彼女の子どもの頃のことを語ってくれる人はもう誰もいない。
私が知ってからの彼女のことを話す相手も機会も無いだろう。

「”真珠湾”から70年」を観て2011/12/04

昭和初期の学芸会の写真
NHKスペシャル「”真珠湾”から70年」を観た。
第1回で主に日中戦争(当時は支那事変と言ってたと思うが)のことを取り上げていた。
80歳90歳代の方々の体験談に当時の風景の中にタイムスリップした感じになる。

戦争の当初は小学校の広い校庭に町民が集まり朝礼台の上に直立不動した召集兵は俄の丸刈りで額だけが青白かった。
町長の激励の挨拶、何回も繰り返される万歳、子ども達は日の丸の小旗を打ち振って「勝ってくるぞと勇ましく♫」の軍歌を繰り返しながら駅まで行進した。
家族には「おめでとうございます」の挨拶が繰り返されていたが若い奥さんの俯いた表情が子ども心にも気になった。
出征兵士の家にはその旨を示す表札が掲げられていた。
戦争が長引くに連れて町に若い男性の姿はめっきり少なくなり、出征兵士を送る行事も軍事機密に関するとかでひっそりと旅立つ方も多くなった記憶が有る。

日本兵と現地の子ども達とが仲良く交流している絵葉書なども有ったが現実の厳しさは時々帰還した親戚から聞かされていた。
今回の放送の生々しい話を伺ってその苦しかった体験と哀しみが痛い程伝わって来た。
封印して来られたであろう経験を語られるのは嘸辛かったと思う。
あの時を生きて来たものにしか解らないことだ。

テレビを観て2011/12/05

NHKの「坂の上の雲 第3部」が始まった。
一昨年には3年連続なんてムリかもと書いたら案の定去年は入院中でまともにテレビ観られる状況ではなかった。
でも何とか生きている。
これまでの再放送も観たから久々にゆっくりと浸り込む。
原作は発行された時に買って夢中になって読んだがもう殆ど忘れているから新鮮だ。

その後で「NHKスペシャル ”真珠湾”から70年」を観た。
ドラマと実録との違いは有るがこの二つの戦争の落差を沁みじみ考えさせられた。
小さな國が世界の大国に認めてもらおうと必死になって戦った日露戦争は莫大な戦死者を出しながらも勝利に終った。
世界で生き残る為には仕方のない犠牲だったのかもしれないが本人も家族も辛かっただろう。
その頃は國への思いと死生観が違っていたのだろうか。

太平洋戦争のニューギニアにおける兵士の飢えの実態を体験された方々の生々しい証言をテレビで聞いて言いようの無い気持ちになる。
前に「それでも日本人は戦争を選んだ」を読んで戦争の起こる多々の原因があることを知ったがその結果辛い体験をした方々は今も癒し難い心の傷を抱えておられる。

私は無論、日中戦争以前のことは知らないし、祖父母から明治の世情を聞く機会も無かったから小説で想像するだけだ。
太平洋戦争は十代後半にその渦中に居たから今想うことはいろいろある。
どうして世界中国境を越えて仲良く出来ないのだろう。兵器が無くならないのだろう。 譲り合えないのだろう。
戦争の悲惨さを想うと甘いと知りながらつい理想論に走ってしまうのだ。

図書館にて2011/12/07

厳しい冬到来
買い物に行ったついでに図書館に寄った。
佐藤愛子さんの新刊「これでおしまい 皆さんさようなら」が目当てだったのだが既に22人待ちで結構皆さんの早い反応に感心しながら予約する。
システム機器入れ替えとかで1週間程貸し出し停止になると聞いて何か借りて置こうと物色した。
そうそう 吉本隆明著で興味惹かれたのがあったっけ。
題名を忘れているから係の方に検索して頂いたらそれらしいのは既に貸し出されていたので代わりに
「思想のアンソロジー」筑摩書房
を借りてから
「これが佐藤愛子だ」と
「ああ玉杯に花うけて」佐藤紅緑
の文庫本2冊も追加した。

例によってエッセーは一気読みしてしまうが60歳過ぎに書かれたものは矢張り若いなと思う。自分のその歳の頃を思い出して懐かしかった。
佐藤紅緑は彼女の父上だ。
少年倶楽部に連載されてあまりにも有名だが私が兄のを讀み始めた頃の記憶には無い。 
私は江戸川乱歩の「怪人二十面相」に夢中になっていた。
興味が有ったのに讀み始めると時代のギャップに少々しんどい感じだ。

「思想のアンソロジー」は私には難しかった。
抽出されると引用された元の全体を読んでなかったり忘れたりしているから戸惑ってしまう。
それでも心に響く言葉が有りそうでゆっくり読んでみようと思う。

本を選ぶのはつくづく難しいと痛感した。