無縁社会ー自己有用感2011/02/13

昔創った人形を描く
偶然テレビで「無縁社会」の放映を途中から見た。
「日本のこれから」というシリーズで続いていたらしい。
識者が数人に概ね若い世代の参加者が意見を発表し合っていた。
そこで「自己有用感」という言葉を初めて知った。
意味はすぐ解る。 私の年代が厭という程実感していることだ。
人生盛り、社会の中心に居る世代に、
「自分が会社からも周囲の人間からも必要とされていない」
という絶望感があることに驚いた。
 最近新聞購読を止めたから遅れてきたのかな。

ヒシヒシと伝わって来たのは孤独感だ。
人同士の繋がりが希薄になった。 助けを求める縁者、友人もいない。 悩みを話し合う人もいない。
物質の豊かな社会で精神的安定感の欠如を感じた。
礼儀正しい表面的な付き合いは有っても安心して本心を話せる友はいないのだろうか。
少子化で家族も少なくなり、親の介護に追われても頼りには出来ないのが普通かもしれない。

就職氷河期、企業はキビシイ経営を迫られて少数精鋭主義にならざるを得ないだろう。 本当は適材適所で皆長所を持っているのに活かし切れない。
門外漢でそれこそ「自己有用感」ゼロの私に憶測できることではないが寒々とした思いが皆さんの討論から伝わって来た。

個人主義の自由さに逃げ、積極的に社会に関わる煩わしさを意識して避けて来た私だが、最近は周囲との絆の輪を広げたいと考えるようになった。
地域の友人の輪を広げて「自己有用感」までは行かなくても温かい感情の交流の輪を広げて、孤独感が少しでも緩和できないかな。

番組で若い男性がネットでの交流(音声でチャットできるらしい)で救われる話をしていた。
私もささやかなブログにコメント戴くと嬉しく元気を貰う。
でも途絶えたときには理由が解らないまま淋しい思いもする。
意思疎通がままならないもどかしさを感じるときがある。
それでもネットで知り合った友人がいて有り難いと思っている。