退院して40日2011/02/07

パンジー
1ヶ月ぶりに病院へ診察して貰いに行って来た。
珍しく割合空いていて1時間ほど待って呼ばれた。
久しぶりの院長先生のお顔が懐かしく緊張が解きほぐされる感じだ。
体調や不安に思っている症状を手短かに話すとデーターを見ながら真剣に聞いて下さった。
一番気になっている膵臓の今の状態を伺うと
「完治したと一応考えていいでしょう。食事制限ももっと緩和していいですよ」
嬉しくて元気が湧いて来た。
脂肪制限は続くが甘いものはいいですよってことで夢のようだ。

臆病だから自己規制は急には止められないだろうけれど徐々に広げて行こう。 甘いものやマヨネーズやバターなども。
体力が戻れば行動範囲も広げて、そのうちアトリエにも行けるかな。

車で迎えに来てくれて病院でもずっと付き添ってくれた嫁(この言葉嫌いなのだが)もとても喜んで
「帰りに美味しいお蕎麦屋さんに寄っていきませんか?」
薬局で二ヶ月分のお薬を貰った後、少し離れたお蕎麦屋さんで京風のお野菜たっぷりのおうどんを注文した。
外食できるなんて思わなかったな。 美味しかった。

病気して家族の温かさを沁みじみ感じる。
特に彼女には世話になって感謝の思いでいっぱいだ。