立春の日の独り言2011/02/04

緑の洋館の脇に積まれた薪と車輪がお洒落!
立春の今日は温かい日射しが射し込んで暖房が要らない。
でも本格的な春が来るまでは外出は自重しているが無為に過ぎて行く時間が勿体ないと思うようになった。
時間を持て余すなんて初めての経験かな。 何時も追い回されて退屈するなんてことなかったもの。

少し実用的な仕事を片付けようと昨日は食品収納庫(大げさ)と薬棚を整理して、消費期限、賞味期限切れの品をどっさり廃棄した。
勿体ないがりの性分が病気してふっきれた。
それでも、これ鳩や野良猫だったら喜ぶだろうなと心が傷むが絶対してはいけない。
余分なものは買わないようにしよう。

立春と言う言葉に何となく明るくなる。
少し勉強しようかな。 去年の家計簿をエクセルで纏めていたら忘れて上手く使えない部分があった。
参考書を買うのは好きだから揃っている。
基本のキのおさらいをやろう。 こんな退屈な機会は滅多にないだろうから。

その次はCGへの再挑戦かな。
何となく昔浜辺で描いたスケッチが目に留まった。