建国記念の日2021/02/11

今日は祝日、カレンダーを見てもただ赤く印刷されてるだけだ。
古い記憶を辿れば、ああ 紀元節と〜
小学生の頃は、四大節の一つで講堂で厳粛な式が有ったのを思い出す。

あれから歴史も教科書もいろいろ変遷が有った。
私の世代が父母の育った明治に疎かったように、昭和も遠くなりにけり と感慨ひとしお〜です。

「昭和に生まれて〜」の続きをそろそろ書かねばと思いながら。
自分のためのシュウカツの一部に。

今日もたいしたことも出来ず、反省しきり。
「不言実行」を今のモットーに

明日からは もっと明るい報告が書けるようにと思いながら。

添付写真は、チョッと買い物に出掛けた折に道沿いの植え込みで見かけたお花が可愛くて〜
図鑑では「ノースボール」が一番良く似てたけれど、相変わらず花の名前にも弱いです。

コメント

_ カーリー ― 2021/02/12 05:51

建国記念日といわれても、あまりピンときません。でも、日本人で良かったなと思います。治安が良くて、外を自由に歩けるというのは当たり前のようですが、治安の悪い国に数年住んでみて、とても有り難い事と思うようになりました。そして言葉が通じるというのは安心です。

_ 久美子 ― 2021/02/12 12:26

先日『復刻版 初等科国史』という本を読みました。
この教科書は昭和18年4月に5年生(上巻)・6年生(下巻)の使用が始まり、終戦後は墨塗り、昭和21年には国史の授業が廃止されて回収されてしまったそうなので、学んだ人はごく限られた年代になります。

イザナギ・イザナミから始まり、皇室を中心とした視線で日本の歴史が描かれています。
イデオロギーはともかくも、美しい大和言葉で綴られており、講談物のようで読みやすくもあります。
イイモノ・ワルモノの書き分けがはっきりしていて、平氏・北条氏・足利氏などは散々な書かれよう。
逆に源氏・楠木親子は持ち上げられています。

母がよく楠公さんの話をするのは、ご当地ヒーロー(近所に大楠公戦跡碑があったりします)だったからではなく、この時代の教育・風潮もあったのだと合点がいきました。

_ カモメ ― 2021/02/13 22:19

こんばんは
この白い花は、ノースボールですネ
冬の花壇をいろどる清楚なお花、とても好きな花です
梅の花も咲き始めて、春の足音が聞こえてきました
でもまだ寒い日もありますから、お風邪を召されませんように
ご自愛くださいね

_ 美海 ― 2021/02/14 19:28

カーリーさん
ほんと 建国記念日と言われても〜 同感です。
私は外国に住んだことがないので、ニュースで想像するだけですが、平穏で有り難いと思います。
外国語にもまったく弱いです。

_ 美海 ― 2021/02/14 19:54

久美子さん
私は、もうヒトツ前の歴史の教科書で習いましたが、子供心にも作られた神話って感じで受け止めました。
そのせいか、今は日本人のルーツ、ひいては人類、生物の誕生に興味引かれます。
楠公さんは懐かしいです。

_ 美海 ― 2021/02/14 20:06

カモメさん
こんばんは!
あ ノースボール で正解! 
お陰さまでホッとしました。
花図鑑でも逆引きは難しいし、写真が微妙です^^;
有り難うございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック