阪神淡路大震災から26年2021/01/17

阪神淡路大震災から26年のTVの報に、当時の想い出が蘇った。

結婚後、夫の転勤で関東に住み着いているが、あの朝はTVの速報で驚いた。
女学校を卒業するまで暮らした阪神間に住む兄家族や、クラスメイトのことが心配だったが、無論電話も通じない。

取り敢えず食糧や衣類を送ろうとしたが、郵便局では今はムリと受け付けてくれなかった。
一週間後くらいにヤット、無事との知らせを受けてホッとしたが、酷い惨状も〜

親友も運良く家も無事と。
でも道路隔てた向こうは全壊とのことだった。
同じクラスだった方が、ベッドに天井が落ちてきてご夫婦共に亡くなられたと少し後になって聞いて哀しかった。

あれから26年、当時無事を喜んだ兄も親友も、もういない。
歳月の非情を沁みじみと感じさせられます。

コメント

_ カーリー ― 2021/01/18 08:33

私は宝塚で、被災しました。幸い家族は皆無事でしたが、本当に怖い思いをしました。当分、余震にもビクビクしてました。

_ みーみ ― 2021/01/18 09:17

美海さんこんばんは(^_^)??
震災から26年‼️人生次から次と事が起こるものなのだ‼️
いろいろあっても何とか繋いで来れている 有り難いなと大事に生きなくちゃと 思いますね

今日は食材が尽きて 笑笑 買い出しに
しばらく巣篭もりできそうです 笑笑

_ 美海 ― 2021/01/19 22:17

カーリーさん
宝塚だと、恐ろしい思いされのですね。
あの辺りは懐かしい想い出がイッパイです。

_ 美海 ― 2021/01/19 22:28

みーみさん こんばんは(^^)??
思い返せば、長い人生にはイロイロ有りましたネ。
ホント、感謝しながら大事に生きなくちゃ!!

でも買い出しも大変〜
ここに来て、スグ近くに大きなストアが有って助かりますが、人に怯えて避けながら買い溜めしてます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック