懐かしい本を2020/11/20

久し振りの曇り空、外出する気にもなれなくて終日、閉じ篭もり。

身辺整理も、あと少しなのに最後の詰めで迷いが出て、まだスッキリしない。
ま 今年中には〜

読書からも遠ざかったいたが、何かで漱石のことを、讀む年齢によって違う発見と感想があると書かれてるのを見て、再読したくなった。
父が漱石に傾倒していて書棚に漱石全集が並んでいたから、小学生の頃から讀み耽った。

幸い、iPadに漱石のも何編か入れた筈と、久し振りにbookの所を覗いたらちゃんと有った。

「我が輩は猫である」を読み出したら、半ばごろからスッカリ忘れてて目新しかったし、当然子どもの時とは違う感想が湧く。

今、讀むと時代の差は感じるけれど面白い。
書店にも行かれないから、次は「硝子戸の中」を〜

添付写真は、今日も何も取れなくて窓から見えた夕空。
雲間から夕日が放射線状にさしてるのがダイナミックでした。