まだ蟄居の日々2020/06/01

まったくう 何を遣っても能率悪い。
昨日は、前日に二ヶ月振りに病院で処方して戴いた薬の仕分けに手間取ってしまった。
大昔、進路は薬専と決めていた時期が有ったくらいで、薬には興味があって効能を再確認しながら〜

それにしても申し訳ないくらい種類が多い。飲む回数も時刻もまちまちだ。

終ってホットして夜遅く、遠くの友人に電話する。
久し振りのお喋り、嬉しかったな。
パソコン初期の会議室で知り合って以来の友人で懐かしい。

まだまだ不十分だが、一応片付けも一区切りして今日は久々に読書を。
未だ本を持って来れない状態だが、フト思い付いてiPadの中を調べた。
数年前に術後の入院時に讀んだことを思い出して。

漱石の「こころ」を讀み返した。
子どもの頃、客間の座敷の大きな本棚に分厚い漱石全集が有って、寝そべって讀んだのが懐かしい。
その折は、まだ深い心情が判る筈も無く、大人の世界を垣間見る感じでした。

さあ そろそろ絵も描かないと、もう描けなくなりそうで恐い。
今日の添付絵は、また古い画集の中からです。

コメント

_ カーリー ― 2020/06/02 00:28

これぞ水彩画という淡い優しい絵ですね。素敵です。図書館でたくさん本を借りてきたので、安心して読書三昧の毎日です。1日に1、2冊読んでいます。

_ 美海 ― 2020/06/02 22:10

カーリーさん
まだ新しい絵が描けなくて、昔描いたのを引っ張りだしてます。
脚が悪くなって先生の元を離れると絵を描く環境から遠ざかって、迷ってばかりです。
下手でも描き続けることが大事ってつくづく思いました。
読書三昧! 羨ましいです!!
私も、早く片付け済まして図書館に行きたいです。

_ ほりっち ― 2020/06/03 12:33

美海さん、こんにちは!
子供のころ読んだ本を大人になってから読むと印象が違うことってよくありますよね。私は『嵐が丘』を大人になって読んだとき、コミカルな部分もあって驚きました。若いころ読んだときは暗ーいイメージしかなかったので。

_ 美海 ― 2020/06/03 22:41

ほりっちさん こんばんは!
『嵐が丘』若い頃に讀んだ記憶はあるのに、ストーリーをスッカリ忘れてます。
私も、何だか暗かった記憶〜
コミカルな部分には気が付きませんでした。
落ち着いたら図書館で捜してみたいです。
子どもの頃読んだ本って、イロイロ読み返したら違う発見や感想が有るのでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック