母の想い出2020/05/25

整理をしてると懐かしい品々が出てきて、思わず見入ってしまう。
昨晩は、昭和34年に見送った実母の追悼集を読み返した。
何十年振りかも。

母は女学校を卒業した翌年に10歳年上の父と見合い結婚して、私が生まれた頃には阪神間住まい。
私が覚えている母は社交家で、友人も多く、デパートや宝塚も楽しんでいた。
でも 昔のことだから子どもには判らない苦労も多かったろうとは、後で思う。

終戦の翌々年に疎開先の農村で父が亡くなって、私も結婚してからの母のことはよく知らなかった。

改めて追悼集を読み返すと、なんだかジーンとしてしまった。
趣味だった人形作りを、学院に習いに行って人形教室を開いて自立。
家庭裁判所の調停委員も委嘱されてたと。

私が生まれた頃に父と一緒に句会に参加してた川柳の先生の元にも伺うようになって新しい句を詠んでいる。
その先生ご夫妻が追悼文を書いて下さってて感謝した。

本の前半は、母の遺稿の何編かと川柳、後半は先生や友人、家族の思い出話。
編集して下さったのは、母が当時、親しくさせて頂いてた支局のお若い新聞記者の方々です。

なんか 大昔の身内話を書いてしまいました。

蟄居中で、話し相手もないせいかな。
添付写真は、その小さな本。
表紙の絵は、滋賀県の堅田の浮御堂を姉が師事していた小出卓二先生が描いてくださいました。

ほんと 大昔に〜

コメント

_ カーリー ― 2020/05/26 02:20

教養のあるとても素敵なお母様だったようですね。さすが美海さんのお母様って感じです。追悼集を出されるなんて素晴らしい。多くの方に慕われてらしたのですね。表紙の素朴な絵、何となく懐かしい気がします。

_ みーみ ― 2020/05/26 08:35

美海さんこんばんは(^_^)??
しっかりと近辺整理 楽しみながら
懐かしく手が止まりますーーーね

今日は??いつものリハビリ治療に行っただけ 家で過ごすも快適?になってます 緊張が溶けて少しお疲れーーーーの昨今です

_ 美海 ― 2020/05/26 23:37

カーリーさん
子どもの頃、母のことは派手好きで社交好きの面しか見えなくて、父とばかり話してました。
母も理屈っぽい私が苦手だったみたい〜
お互いに理解し合えたのは母の晩年でした。
お嬢さん育ちで苦労知らずって内心、批判してたのに晩年の生き方を知って、見直す思いでした。
でも生前に、いちばん判り合える仲になれて良かったです。

_ 美海 ― 2020/05/26 23:49

みーみさん こんばんは(^^)??
まったくう スグ手が止まって古いモノを夢中になって讀んだり(^^;)

リハビリ治療に! 羨ましいです!
この辺は、警戒気分が強くて(私が特にかも〜)病院に行くのもタメラッてましたぁ。
来週あたりから、通いたいと思っています。

_ くろみつ ― 2020/05/27 00:36

先日は お誕生日 おめでとうございました。
いつも 拝読を楽しみに 美海さんの
お話を しみじみとした気持ちに 誘われて
います。

私は 物語 お話が 大好きです。
ご両親様の お話 とても 素敵でした。
入学式の思い出を よく覚えてられて。
私は 桜が咲いていたのしか
覚えていないんですよ。

戦後いらい 平安が続きましたが
大変 心配な事態に。
どうぞ お身体に気をつけられて
ブログにて お話を 聞かせて下さいね。
大津市 浮御堂近くより。

_ 美海 ― 2020/05/28 23:44

くろみつさん
お祝辞を有り難うございます。
自分勝手なブログも 讀んで戴いて嬉しいです。

今のことはすぐ忘れるのに、子どもの頃のことは鮮明に浮かびます。
無論忘れてることも多いですが〜(^^;)

今の世情、爆撃に怯えた日々を思い出しますが、今回は目に見えないだけに恐怖感も違います。
私など蟄居してても差し障りないけれど、責任のお有りのお若い方々は大変でしょうね。
大津市、懐かしいです!
浮御堂! 大好きでよく独りで観に行きましたぁ

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック