昭和に生まれて(9)2020/05/23

「入学式の想い出 」
昔は4月1日に入学式が行われた。
私は昭和9年に小学校に入学した。
幼稚園を拒否したから団体生活は初めてだったが 兄と姉の様子を見てたから あまり緊張感はなかった。 

講堂で盛装した着物姿の母親がたに見守られながら 皆おとなしく椅子に腰掛けていた。 
壇上の校長先生は威厳があったが優しそう、母親同士の会話から人格者だと聞いていた。

新入生は一人ずつ名前を呼ばれると「ハイ」と答えて起立して行く。 
私の番になったら、違う名前を呼ばれた。苗字は合ってるのだが名が違う。 
一瞬戸惑ったが漢字の読み違えと思って返事をして立った。

その頃女の子には「子」がついたが。我が家は父の方針で末尾に「子」がない。
それで男の子と間違え、男らしい読み方をしたみたいだ。
(註)ヨシカズ君と 
母は父兄席で私が泣き出すのではないかとハラハラしたそうだ。
ほんと 大人しいくせに大声で泣く子だったから。

式が済んだ後、教室に入り担任の先生に初めて会う。 
熟年の穏やかな男性の先生でホッとする。 
男女併せて50名のクラスだった。
世間知らずの ぼんやりした女の子だったと思う。
しかし クラスの子も みな おとなしかった。

十数年前に農漁業の地から新興住宅地に変貌した町だから、格差社会で公立小学校はその縮図でも有ったが イジメのような陰湿なものを私は見たことがない。

小学校は楽しかった。 
始業の1時間前には登校して 縄跳びやドッジボールで遊び、放課後は下校のチャイムが鳴るまでまた校庭で遊び、そんまま空き地でまた皆と遊んだ。

クラスメートの家にも よく押し掛けたが、家の方は知らん顔で
その自由さが嬉しい。 
洋室のハイカラな子供部屋の子、広大な敷地の中の離れの鍵を爺やさんが開けてくれる家、トイレの臭いのする部屋で角砂糖1個を大事そうにくれた友、継母に邪険にされながら甘えようとしていじらしかった友〜、
昔の公立小学校に通って学んだものは大きかった。

女学校に進学する時、進学出来ない友がいる現実がショックだった。 
自分が恵まれてることにあまり気がつかず、相手の痛みも理解していなかった。
我が家も、たいしたことなく典型的な中間階層だったが。

ま そういうことの始まり、社会生活に足を踏み込んだ 記念の入学式ではあった。 
あの時の光景が未だに眼に浮かぶ。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「昭和に生まれて」の続きが、当時の写真などをこちらに持ってきてなくて書けないままでした。
遅くなってしまいましたが2010/04/01のブログからです。
「美和」を「ヨシカズ君」て呼ばれて〜
帰宅出来るようになったら、当時の小学校の写真を添付したいです。

当時にしては立派な鉄筋コンクリートの三階建てで中央に時計台が聳えていた。
校舎の前には、楠木正成と二宮金次郎の銅像が〜
昔は子沢山だったから生徒数は高等科を入れて2千人くらいになり、私が入学する前に新校舎が後ろに建てまされて、それを繋ぐように大きな雨天体操場も。
まだ神戸市に編入されてなかった阪神間の町で、
 明日に仰ぐ 六甲の〜
 夕べにのぞむ  ちぬの海〜
って行進曲を運動会のおりには歌ったものです。(歌詞はもうあやふや)

コメント

_ カーリー ― 2020/05/24 12:32

美海さんの入学式の頃の情景は、私の時とそんなに違っていません。入学式といえば、親は着物に黒い羽織だった気がします。4月7日頃、桜咲く頃。幼稚園も行ってない子もいました。遊ぶのも、親との関わりはほとんどなく、子供どおし、日が暮れるまで、外で遊んでいたものです。今は野原もなく、草花をつんだり、泥まんじゅうを作って遊んだりは出来なくなりましたね。

_ きえ ― 2020/05/24 12:41

いつも楽しく読ませていただいております。
3年生まれの父から聞いていた話と照らしつつ、昭和のはじめの頃に思いを馳せています。美和さんというお名前♡特に和子さん昭子さんが多かった頃に、とても素敵デス♡ (わたしは本当は「たかえ」ですが愛称でみんなからキエと呼ばれています)

_ 美海 ― 2020/05/24 22:41

カーリーさん
昭和一桁の頃って、全然違う古い世界と思い込んでましたから、一緒って何だか嬉しいです。
ほんと よく遊びました。

_ 美海 ― 2020/05/24 23:31

きえさん
お父様、昭和3年のお生まれって〜
嬉しいです!
男の子の遊びのほうが好きで、よく仲間に入れて貰ってました。
同クラスには、昭子さん、和子さんが多かったです。
母から、佐和にしょうかと迷ったと聞いて、美和のほうでヨカッタなと思いました(^^)
きえさんてお名前素敵です!
無論「たかえさん」もステキだけど〜
より親しめる感じします。

_ イノリン ― 2020/05/25 15:02

こんにちは。
入学式の思い出を鮮明に覚えていらっしゃるのですね。
なぜか、母からは一度も聞いたことがありませんでした。
ですので、母と重ねて楽しく拝読しました。
その母は和子でした。笑 多いですよね。

でもランドセルを家の前で背負っている写真はあります。誰が撮ったのでしょう? ニコニコしていました。

また母の絵日記をアップしましたので、よろしかったら御覧ください。昭和18年の冬休みです。

_ ちーすけ ― 2020/05/25 22:11

お久しぶりです‼️ご無沙汰しました😆
やっと今日緊急事態宣言解除になりましたね😌
息子の学校の予定が変更に次ぐ変更で💦もー大変でした💦

昭和に生まれて😆私の大好きなシリーズ😊
入学式の事、よく覚えていらっしゃって、状況が目に浮かびました😊

神戸に住んでいらっしゃった頃ですね🎵どの時代に生まれても、みんな、一生懸命に生きて、子供を愛して親に愛されて🎵😊

私も息子が沢山の思い出と一緒に生きていけるように、頑張ろうー🎵😊
そのためにはまず、急速に変化する世の中に付いていかなければ😰

がんばります😆😆

_ 美海 ― 2020/05/26 22:41

イノリンさん
お母さま、和子さん 懐かしいお名前です!
6年生の時、仲良しだったクラスメートが当時の健康優良児日本一に選ばれて、名前が和子でした。
当時のお写真が有るって羨ましいです!

絵日記を拝見して懐かしく楽しませて戴きましたぁ
絵も、お上手ですね!!

_ 美海 ― 2020/05/26 23:03

ちーすけさん
お久しぶり! ようこそ!!!
学校にいらしてる方々、ほんと大変ですね。
ご家族の方も〜

私など至らぬ母親で申し訳なかったですが、子育ての時期を懐かしく思い出します。
今は次世代に教わることばかり、マゴ達も私の良い先生です^^;

ちーすけさんなら大丈夫!
私も 陰ながら応援してますね!!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック