テレビと小説に2020/03/18

ここ二年ほど、何となくテレビ離れしていたが、、ココに移ってから食卓の前にデンと大きなTVを置いている。

でも久し振りに観ると、馴染めなくて時代に遅れてるなって年齢を自覚させられることが多い。
ニュース、天気予報、日曜美術館やその他にもドキュメンタリーには惹かれるけれど、我ながら気難しくなったなと思う。

それでも、今夜は久し振りに「相棒』を見て懐かしかった。

小説離れもしていたのが、先日「風と共に去りぬ」を家から持ってきて何十年振りかに〜
今朝、やっと完読。
昔、讀んだのと翻訳は違っていたけれど、読み進むうちに、大昔に讀んだ時の記憶が、次々と蘇って懐かしく、それに今でも夢中になれたのが嬉しい。

つくづく子どもの時に夢中になった本は取って置くべきだった。
昔は殆ど挿絵もなかったから、想像が膨らんで自分だけの世界に浸っていたようにも思う。

あ 今日はテレビを見たりして遅くなってもう日付がかわってしまいました。

早寝早起きの習慣をつけないと、またお昼寝してしまいそう。

添付写真は、窓イッパイに広がった今日の落日の景色に惹かれて。