哀しい思い出を2020/03/06

夕食後、何気に点けたTVに釘付けになってしまった。
 零戦〜搭乗員達が見つめた太平洋戦争〜「後編」

戦争も末期症状を感じだした折に 特攻隊のことがラジオや新聞で報じられ、戦局の厳しさが感じられた。
父は沈痛な面持ちで、日本もココまで来たのかと低く呟いた。

きっと 兄のことが心配だったのだろう。
兄は当時、旧制高校の3年生だった。
医師を継いで欲しいと父は望んでいたようだが、文科に進学。
理科系は大学に残ることが出来たが、文系は20歳になれば軍隊に入らねばならない時代だった。
その時期が迫っていた。

特攻隊の当時の風聞では、志願者は右に一歩出るようにとの指令だったとか。
でも全員が志願したとか。
事実は知らない。

口に出せなかったが暗澹たる気持ちになった。
学徒動員での軍需工場での深夜業も辛かったけれど、小学生の頃一緒に遊んだ男の子達のことも心配だった。

何にんかは中学生の頃に、来校した軍人の講演に感激して少年兵を目指し、親は反対も出来ず、夜秘かに泣いていたとか。
これは母の情報だった。

TVを観て、本人は元よりご家族の哀しみを思う。
気が付いたら、目に涙が滲んでいた。
私はのうのうと92歳まで長生きしてる。
複雑な気持ちになる。

添付写真はアルバムの隅に有った、工場に通っていた時の色褪せた腕章。

コメント

_ カーリー ― 2020/03/08 20:03

戦争は本当に嫌ですね。今でもアフリカのどこかで子供を拐って、戦闘員に仕込まれる悲惨な話を先日ラジオで聞きました。信じられない位残酷な実態がある事に愕然としました。本人が志願するのならまだ救われる気がします。戦闘員にされて、自分の村で、母親を殺せと言われるんです。殺せないなら、母親の手を斬れと。自分の村を襲わせ全滅させて、子供たちの帰る場を失わせるのだそうです。女の子は戦闘員の褒賞に与えられらるとか。そういう子供達を救おうとする日本人の方がラジオで話していらしゃいました。

_ 美海 ― 2020/03/09 00:20

カーリーさん
哀しい話しですね。
終戦の日、これで世界中から戦争が無くなり平和な世界になると信じていました。
それには理由も大義も有るのかも私には解らないけれど、ただ悲しいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック