懐かしい本2020/02/24

最近、本離れしている。
文学書は全然持って来なかったら、何だか大昔に讀んだ本も内容を忘れてる。
勉強もしないで何度も読み返したのに〜

先日、病院の帰りに里帰りしたときに世界文学全集から2冊、
「風と共に去りぬ マーガレット,ミッチェル著」
懐かしくて借りて帰った。

この本が初めて書店に並んだのを見たのは昭和何年頃だったろう。
子どもの頃、日曜日には阪神電車で、二駅先の大きな書店に行くのが楽しみだった。
駅前の3階建ての大きなビルで、本がギッシリ並んでる。
岩波文庫しか買えなかったけれど、店内に並べられた本の表紙を見て回るだけで楽しかった。

或る日、魅かれたのが赤い表紙の「風と共に去りぬ」上、下だった。
私のお小遣いでは買えなくて、替わりにクローニンの「城砦」を買ったけれど内容はもう朧だ。

少し大きくなってから、もう戦後になってたかも〜
「風と共に去りぬ」を讀んだ時は嬉しくて、何度も読み返した筈なのに、細かいところは記憶はもうアヤフヤだ。

借りて来たのを昨日、読み出したら懐かしくて夜中まで〜
讀み耽けってしまった。
ま 若い時と受ける感じは微妙に異なるけれど。

でも まだ小説も読めるなってチョッと嬉しかったです。