昭和のことを2019/12/10

12月も、もう10日だ。
若かった頃の忙しかった記憶が消えないが、今は引っ越し荷物の整理が残っているだけで、歳末気分も湧かない。

一週間ぶりの口腔外科の予約日で病院に出掛けて、待合室でユックリ本を讀む。
このところ本離れをしてるので丁度良い機会だ。
家にいると独り暮らしのせいか怠惰にツイ数独やゲームで遊んでしまうもの。

待合室でiPadを使うのもイケナイと思うから、文庫本を一冊。
 「昭和」とは 何だったのか 保坂正康 2007年発行
少し古い本だが、12月8日のことを思い出したら、昭和のことがもっと知りたくなった。

自分の経験は、若くも有ったし知らなかったことや、別の考えも有るだろう。
今日は珍しく予約時間より待ったから、ま ユックリ讀めて良かったです。

でも未だ半分くらい、感想は書けないけれどイロイロ考えさせられました。

今日は、午後疲れてユックリお昼寝したせいで夜更かし、日付が変わってのブログです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック