昭和に生まれて(6)2019/11/24

ー暖房ー

子どもだった頃の家は寒かった。 エアコンも石油ストーブも知らないから冬は寒いのが当たり前と思っていた。
徒然草じゃないけれど日本家屋は夏涼しいようにの構造だから至って風通しが良い。(寒冷地は別だったと思う)

火鉢が主役だ。 茶の間の長火鉢は両親が向かい合って座る。木製で内側は銅板が張ってあり、灰の中に銅壷(どうこ)が設置され、中の湯でお酒のお燗が出来るように蓋がついていた。

説明するのが面倒になったので下手な絵を描いて添付する。
客間用の火鉢は大きくて山水の絵付けがしてあった。 
手あぶり用は女性客用。 
櫓炬燵は、中の素焼きの容器に真っ赤に熾した炭を埋めて、布団の裾に入れて暖めた。

小さな鉄製の足温器(正式名不詳)は、真っ赤になった炭が3個ほど入れられてて、子ども達が自分の部屋に持って上がり机の下に置いて足を乗せる。
子供部屋に暖房はそれしかないから、頭から毛布を被って本を読んでいた。

幼い時は、寝る時だけ姉兄妹が置き炬燵を真ん中に丁の字に布団を敷いて寝たが、私が小学生になった頃には、自分の部屋で独り寝るようになって湯たんぽを。

湯たんぽって、ブリキ製の亀の甲羅のような形で、熱湯を入れて厚い布製の袋で包み足元に入れて寝たものだけど、もう知らない方のほうが多いでしょうね。

それでも、戦争末期に女専の寮から、学徒動員で工場に通っていた頃は小さな火鉢だけが頼りで、その炭も貴重品だったから、幼かった頃を懐かしんだものだ。

その反動か、戦後に新しい暖房器具が発売されると無理しても〜。
石油ストーブに感激したりして。

添付絵は、ブログを始めた年に古い記憶を辿って描いものです。