昭和に生まれて(5)2019/11/18

ー昭和初期の服装髪型ー

昭和5年の正月に撮ったと思われる家族写真を見ると、父親は今と同じような背広、母は着物が主流で、子どもは洋服。

髪型は、女の子はオカッパ、男の子は坊ちゃん刈りと呼ばれていた。
母がパーマを掛けるようになったのは私が小学生になった頃からだったと思う。
無論、後ろで丸く纏めることも無くなった。

男の子は中学生になると、丸刈りを強制された時代だった。
女子は、女学校一年まではオカッパの延長、二年生になった初めて横分けにする子も。
でも大正時代のように長くして括ったり三つ編みにするのはシュウ(ださい)って絶対しなかった。

戦争が激しくなった昭和17、8年頃だったか、女学生の髪型は長く延ばして後ろで括るようにと決められたが誰も守らない。

女学校の4年生になった頃に、
新しい全国統一の制服も指定されたが、新一年生の親もそれを厭がって、全員歴史の有るセーラーがたの制服を整えていた。

女専に入っても髪型の規制は続いてて、時々抜き打ち検査が有ったけれど、先生も「仕方ないわね」って苦笑されながら見逃して下さった。

モンペも強制されたけど、替わりにズボンを作って。
変なところで抵抗したけれど、それを穿いて学徒動員で通った軍需工場では大きな旋盤に向かい、國のためと懸命に徹夜作業したものです。

幼いときの写真から話しが飛躍してしまいました。

コメント

_ Cakeater ― 2019/11/19 04:49

11月18日というのはマルセル・プルーストがなくなった日で、その日付に、過去の「失われていない時間」の記憶を読ませてもらうのは感銘かなあ。
プルーストは肖像写真の収集家だったけど、手に入れてしまうと、あまり見返さなかったとか。多分、毎日のように見ていると、その写真から浮かびあがる記憶に驚きを伴う、なつかしさを伴う心のときめきが薄れるからだと思いますね。
物も写真も言葉と文字も忘れかけたころにふっと思い出し、見るのが齢とった日々のセンセーション(ときめき)なんだと思います。
ミミさんの家族写真のなかの坊ちゃん刈りとおかっぱ頭、記事の中の「ぼっちゃん刈り」「オカッパ」、それがこの日の個人的センセーションとなりました。ありがとうございます。

_ アスカ ― 2019/11/19 09:03

この時代の様子をありがとうございます。
そのような推移は、読んだことがなく知りませんでした。
小生は昭和17年春の小学校(国民学校)入学ですから、子供の時代を戦争が全ての、思い出したくない時代でした。父は陸軍工廠勤務でした。 3年生の秋 木曽川中流の農家に疎開しました。

_ 美海 ― 2019/11/20 22:14

Cakeaterさん
博識でいらっしゃる!
プルーストは1922年11月20日に亡くなったのですね。
初めて知りました。
「失われた時を求めて」はあまりにも有名で若い時に世界文学全集で讀んだ筈と思っていたのに、今調べたら大長編、記憶違いみたいです。

私のは 失われそうな記憶を一生懸命思い出して書き留めて置こうと。
もう同世代の親族縁者は誰も居なくなって確かめるスベも無いのが淋しいし困ります。
でもCakeaterさんに、褒めて戴いて嬉しいです!
こちらこそ 有難うございました。

_ 美海 ― 2019/11/20 22:26

アスカさん
あの戦時下を幼くして経験されたのはお辛かったと思います。
今と違って、地域差も大きかったから親元を離れての疎開も厳しいものが有ったように感じてました。
もう二度と戦争は嫌です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック