相変わらず不勉強で2019/06/02

明日はパソコン教室の日なのに、バタバタと一週間が経って復習も何も出来なかった。

今日も大事な捜し物で部屋中、引っくり返して。
でもお陰で、奥にしまって気が付かなかった教材や、お月謝袋も出てきて独り赤面してしまう。
まったくう 能力以上に欲張り過ぎだ。
夢ばかり広げないで、コツコツ足元をよく見て歩くべし。

そろそろ 本も恋しくなった。
佐藤愛子さんの新しい随筆集のことを「ラジオ深夜便」で拝見したから隣街の書店にも行こう。

女学校に入学した時、5年生でいらして颯爽としたお姿が今も眼に浮かびます。
学芸会でも活躍されてたな。

想い出に浸ったら、クラスメートと話したくなった。
久し振りに電話してみよう。

今日は写真が撮れなくて去年の今頃、撮ったお花です。

コメント

_ アスカ ― 2019/06/03 08:11

 先日、佐藤 愛子さんの「90歳 何が・・・」を 一機に読了。
 少年の頃 ご尊父 佐藤 紅緑 の本を、むさぼり読んだことを、思い出しました、

_ カーリー ― 2019/06/03 11:54

毎朝早く散歩していますが、今年も散歩途中の水路で、鴨の親子を発見しました。小さな子ガモが13羽位。ちょこまか動ぎまわるので正確には数えられなかったのですが。去年も、おととしも今頃の時期に見かけます。最終的に何羽生き残るかわかりませんが、だんだん減っていきます。おとついは、一羽死骸になって浮かんでいて、亀が食いちぎっていました。悲しいけど仕方ないですね。亀だって生きていかなくてはならないのですから。

_ 美海 ― 2019/06/03 21:10

アスカさん
私も小学生の頃、兄のとってる少年倶楽部が楽しみでした。
自分の少女の友はサッと讀んでしまって、兄が読み終わるのを待ちかねて佐藤紅緑氏の小説に浸りこんでワクワクしたり主人公に同情したり。
懐かしいです。
佐藤愛子さんもチャーミングな女学生でいらしたです。

_ 美海 ― 2019/06/03 21:32

カーリーさん
毎朝早く散歩されてるって素晴らしいですね!
朝寝坊で出不精の自分を反省です。
私も近くの公園の池で鴨の親子見るの大好きです。
小ガモが13羽も! 可愛いでしょうね。
でも自然界の掟は哀しいです。
自分もその一員ってことが辛く感じる時も有って年齢かなナンテ思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック