いろいろ有って2019/02/21

昨日は「春の発表会」を福祉センターに友人と待ち合わせて観に行った。
油絵同好会の方々の画が飾られてる部屋に直行して、ゆっくり拝見する。

お教室では観られなかった画をじっくり、それぞれ個性的な素敵な味わいに惹かれました。
描くのが好きなのに、思わぬ病気をしてから根気が無くなった自分が情けないけれど、その内にって ほのかな希望も。

会場を回って、もう丹誠込められた種々の作品にシニアの方々が楽しまれながら活躍してられるお姿が眼に浮かぶようで嬉しかったです。

昨日会ったばかりの仲良し会のお仲間ともバッタリ、
彼女も毎年、出品されててよく見せて戴いた思い出が。

一緒に昼食いただきながら話しがイッパイ。
夕刻に帰宅して、楽しみ疲れで、ブログも書けないまま就寝してしまった。
全く意気地無くなったと情けない。

今日は、朝から4週間分の薬の仕分けでヘトヘト。
種類が多い上に、朝、昼、食前、夕、就寝前とヤヤコしい。
それでも名前と効能確かめて、自分で遣りたくてヤッテルのだからグチはこぼせない。

大昔、針路は薬学と勝手に決めていたのに、戦争で空爆が激しくなり京都の馴染みの学校に。
薦めてくれた父は先見の明が有ったな。
戦災も逃れ、楽しい学園と寮生活だった。
薬の仕分けしながら、私のいい加減な性格では責任重大なお仕事は無理だったろうと、つくづく思う。

閉じ籠りで写真も撮れず、前の家の縁側から眺めた夕日のスケッチを添付しました。
29年前の今日の日付なのが懐かしくて。