「100枚のクロッキー展」の案内状を戴いて2018/10/30

アトリエに伺えなくなって、もう三ヶ月が経っ。
早く復帰したいけれど、ずっと閉じ篭り状態で心身ともに自信喪失で歯痒い。

今日は嬉しいご案内状を戴いて、毎年楽しみに伺ったときの事を懐かしく思い出しました。
先生がたのクロッキーの実演は、ただもう素晴らしいのひとことで、魅せられっ放し。
迫力も凄いです。

日にちを見て溜め息。
身体の方は、それまでに何とか回復しそうだけど、京都のお墓を新しくした儀式に臨む予定と重なってしまった。
でも作品展は月末迄だから〜

何はともあれ、外出して身体の自信を取り戻す事が先決だ。
明日は勇気を出して、少し遠く迄歩いてみよう。

今夜はその事も有って、久し振りにアトリエの昔からのお仲間に電話したら、彼女も体調崩されてて、身につまされて励まし合いました。
お互い、声だけは元気で笑いも絶えなくて。