読書の記憶2018/09/09

急に秋めいてきた。
読書の秋って言うけれど、ここ数年は文学書から遠ざかっている。

引っ越しずる度に古い本をイッパイ処分して来て、今回も段ボール箱を幾つも業者さんに引き取ってもらった。
世界文学全集には愛着が有ったがエイって感じで。
ここも本が溢れているし、図書館はすぐ近くだから不自由はしない。

私が子どもの頃は、TVもパソコンも携帯も無いから、本の中の世界にのめり込んでいた。
字を教わった記憶も無いのに、幼い時に讀んだ物語のことはよく覚えている。

小公子、小公女、家なき子、ジャングルブック、などなどは書棚の一番下に並んでいたアルスの児童向けの文学全集から。
子ども向けの聖書物語の全集も旧約聖書の話しが面白かった。

全部振り仮名がしてあったから、讀めたし字も覚えられた。
幼稚園にも行かなかったから時間はたっぷり。
何度も読み返した。

あの時代の風潮で、子供を構い過ぎるな、自由にが父の方針だったらしく、それなりに私には楽しい幼児期だったと思っている。

添付写真は、古いスケッチブックから台風で荒れた海の風景です。

コメント

_ みーみ ― 2018/09/10 08:14

美海さんこんばんわ(^_^)??
生まれた環境 育った環境 周りに本があったのですね(^_^)☆ なんと素晴らしい(^_^)☆

今日はお話し聞きに行きました(^_^)☆
読みかけの 分厚い本も持って 笑 薄のをとも思うのですが 読みかけが 気になります 笑

_ 美海 ― 2018/09/10 22:15

みーみさん こんばんは(^^)
あの頃は、TVも、パソコンも、スマホも無くて(ーー;)
本とラジオと蓄音機だけでしたぁ(^^)
父が本好きでイッパイ、有難かったです〜♪
小学生になったら、お小遣い持って本屋さんに。

読みかけの本って、手放せませんよネ(^^v)☆
私のハンドバッグは何時も重いです(^^;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック