村上孝子さんのタイル画を2018/06/19

今日は月例の「たんぽぽ会」、お天気にも恵まれて懐かしい皆様との楽しい時間を。
この地に早くからいらした方々から、この地の発展過程を伺って興味津々。
もう いろんな話しで盛り上がって、あっという間に時間が経ってしまう。

次回を約して、手を振って別れた後、余韻を引きずって直ぐに帰える気にもなれず下のロビーで何人かと腰かけてたら、
「ステキな絵を玄関に飾ったから観に来ない?」
中のお一人が誘ってくださって興味津々で厚かましく自宅に伺った。

素晴らしくて、知らない素材で描かれてるのにもビックリ。
説明して貰って、タイル画って初めて知りました。

「これから描かれた方の所へ一緒に行かない?」
あまりの展開に、夢心地。
「いいの? 嬉しい!」
絵を習ってる親友も一緒で心強い!
厚かましく車に乗せて頂いて近くの公園の中のマンションに。

ご本人が気さくにドアを開けてくださって一歩入ったら、カラフルな絵がドッと目に飛び込んで来た。
独特の光沢があって重みも感じるタイルで描かれた絵が新鮮、夢中で次々と。

恐る恐る、写真とらせて頂いてイイですか?
「どうぞ どうぞ」
一緒したお仲間が
「この人、ブログやってて・・・」
て話してくれたついでに、ブログで紹介のお許しも。

都内で個展をされてたとのことなのに、知らなくて残念。

夢のような嬉しい一日でした。

添付写真は、上手く撮れなくてごめんなさい。
実物は、タイル独特の光沢と質感が素敵で色彩ももっと鮮やかです。
おまけに日付まで入ってしまってて。

コメント

_ アスカ ― 2018/06/20 08:10

同じ趣味の新しい仲間が増えて、素晴らしいと思います。
そのようなことを心がけていらっしゃるから、実現されたのでしょう。 まさに生き方のお手本と思いました。

_ 美海 ― 2018/06/20 22:46

アスカさん
ほんと、思いもかけない展開で、驚きと喜びの連続でした。
皆様の温かさに、感謝でイッパイです。
結構自己中だった自分を振り返って反省しきりですが、この歳になって友人有り難さが身に沁みます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック