久し振りに読書2018/03/09

春めいた途端に雨が続いて散歩もおっくうで、昨日は久し振りに本を讀んだ。
何にしようと書棚を物色していたら懐かしい茂木健一郎氏の背表紙が目に飛び混む。
 頭は「本の読み方」で磨かれる 茂木健一郎著 三笠書房
                      2015.7.5発行 
もう内容は忘れてることが多くて一気読みしてしまった。

はじめに 「本は脳が育つために最良の肥やしになります」
と書かれてて嬉しかった。

幼稚園にも入らず、終日 座敷の書棚のアルス児童文学全集や子ども向けの聖書物語(主に旧約聖書から)全集にのめり込んでいたのを思い出す。 

小学生になれば日曜日は隣街の大きな書店に行って背表紙を覗きまわり、お小遣い(その頃は2円だった)で買える岩波文庫を選んだ。
星マーク一個が20銭だったな。

本との掛かり合いは時勢とともに移り変わり、その時々の想い出がイッパイ、忘れないうちに自分のために書いて置きたくなりました。

コメント

_ まさこ ― 2018/03/10 08:03

美海さん、おはようございます。
私も読書が大好きな子供でした。いろんな世界に飛び込めて、ワクワクしながら読んでいました。
老後は本さえあれば・・ と思って、嫁入りの時もその頃の本をいっぱい持ってきて呆れられたほどですが、想定外の事が! 昔の本は字が小さくて老眼にはキツイ!
暫く読書から遠ざかっていましたが、民間図書館でボランティアすることになって、又本を読む生活に戻りました。
一時期電子ブックにもはまりましたが、やはり紙のページをめくる本来の姿が一番しっくりきますね。

_ 美海 ― 2018/03/10 22:05

まさこさん こんばんは!
うわぁ 同じで嬉しいです〜☆
ホント 昔の本の字って小さいし、戦前の本に至っては難しい漢字の羅列でヨク讀んだなって思います。
振り仮名が着いてたから子どもでも讀めたのでしょう。
図書館でボランティアなさって羨ましいです!
本に取り囲まれてるって至福ですよね。
私も紙のページをめくるほうが、しっくりきます!
嬉しくて、もっとモット読書がしたくなりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック