「紀元節」の思い出2018/02/11

壁掛けの電子カレンダーを目が覚めると一番に見る。
今朝は、2月11日の文字の懐かしい響きに、子どもの頃の「紀元節」が思い浮かぶ。

戦前の子どもだって、神話化されてることぐらいは解っていた。
教科書に記された最初の頃の天皇の長寿は有り得ないもの。
神武天皇は137歳(古事記)〜127歳(日本書紀)、
初期の天皇は100歳越えの方が多かったです。
でも自分の國の成り立ちを讀むのは興味津々だった。

小学校の授業はお休みで、晴れ着を来て講堂での厳粛な式に出た後は、校庭でクラスメイトと遊びまくって楽しかったな。

今は「建国記念の日」。
記念の日の「の」に苦心の跡が見られるようです。

でも もう何の日か思ないかたも多いのでは。
こういう事を書くと、う〜ん 90歳だななんて。

昨日、図書館に行って頼んだ
「私の名は紅」 オルハン・パムク著  藤原書店発行
が入ったとのメールを貰って、早速受け取りに。
先日ここで教えて戴いた本、ズシッと重くて読み応え有りそうで楽しみです。

コメント

_ みーみ ― 2018/02/12 06:47

美海さんこんばんわ(^_^)??
建国記念日 意識してませんでしたね。大々的にお祭りでもなく
…………そとからみたら変化もしれませんね
独立記念日とかのお祭りありますものね………???

今日は 休日の街へ出ました(^_^)☆
人の多いこと❗️ あちこち用事すませました。
お出かけのリュックサック 買っちゃいました(^_^)☆

_ 美海 ― 2018/02/12 19:15

みーみさん こんばんは(^^)??
もう ただの休日って感じですよね(^^;)

お出掛けのリュックサック! いいな(^^v)♪
私も軽いのをモウ一つ欲しくって捜しても、ナカナカ適当なのが見つからなくて(^^;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック