元気を戴く2017/08/04

今日のアトリエは夏の花々の一日描きだ。
色とりどりの立派な百合の花、私の大好きな大輪の向日葵、珍しいホオズキの枝も。
どれも魅力的で迷った末に、これまであまり描いてない百合にする。

一日描きは何となく透明水彩でと思っていたら、前回の終りに先生が
「油彩でも、パステルでもいいよ」
って仰ってくださって、水彩に悩んでるから嬉しかった。

油彩にして小さめのキャンバスを持参して一生懸命描いたが、考えが甘かったです。
何時もは4週くらいかけて描くから絵の具が乾いてて重ね塗りが遣りやすかったことなどに初めて気付く。
奥が深くて、道遠しだ。

最後に先生にいろいろ教わって凄く勉強させて戴き、これからの希望が湧く。
何時まで通えるか明日のことは判らないけれど、ホント楽しみです。

帰りには今週も懐かしい湘南で元気を戴いてヤット地元の駅に帰り着いてからも所用で、帰宅したらもう真っ暗。

元気を戴いた一日でした。

添付写真は今日の百合の小品です。