83年前の想い出2017/04/01

きょう
四月一日は私が初めて小学校という団体生活に足を踏み込んだ日。
昭和9年(1934年)、もう83年前のことなのに光景が鮮明に浮かぶ。

カメラを持っているのは一部の男性だけで母は勿論使えずその時の写真は撮ってもらえなかった。
でも大きな講堂の前のほうに250名くらいの新入生が腰掛け、後部には6年生が控えていた。
両脇に先生方と正装した母親が座っている。

母は、寡黙で友達と遊ぶコトも殆ど無かった私を心配そうに見ていたな。

新入生は順番に名前を呼ばれて「ハイ」と起立する。
次は自分だと身構えていたら違う名前を読み上げられた。
苗字はは合ってるのに「ヨシカズ」と。
そのころは女の子の名には「子」時には「江」が着くの常識だったから、先生が男の子の名前と間違えられたらしい。
本だけはよく讀んでたからそうも讀めるなと返事をした。
それに順番だもの。

母は私が泣き出すのではないかと心配したそうだ。

この時の思い出はブログを書き始めて初めての四月一日に書いてる。
小学校での毎日は楽しかった。
物珍しくてクラスメートの家を渡り歩いて遊び回った。
それまでホント世間知らずでした。

アルバムの1年生の時のクラスの記念写真を久し振りに開いたら懐かしくて、もう時効でしょうと思い切って添付しました。
公立で、しかも写真撮影のお知らせも無く皆普段着です。
私は先生の向かって右隣の2列目、半ズボンが好きだったのに珍しくスカート姿でした。
お優しくてイイ先生だったと懐かしいです。

元気を貰った日曜日2017/04/02

久し振りに遠くの家人が二人で訪ねてきてくれた。
何時ものように手作りの美味しいご馳走をイッパイ持ってきてくれて、嬉しかったです。

もう世話になることばかり、家のチョットしたメンテナンスのための買い物にも車で近くのホームセンターに連れて行ってくれて、
独りで決めかねていたことも相談できて解決しました。
用が済むと多忙な彼らはサッと帰途に。
感謝の気持ちをこめて車が見えなくなるまで手を振った。

まだ日暮れまでには間が有るので、元気を貰った勢いで公園の枝垂れ桜を観に行く。
サクラ祭りは昨日までだったけれど生憎の雨模様だったし行く気力も無かった。

五日程前にチョット観に行った時はほんの少しチラホラ蕾が綻びかけてるだけだったのに随分華やいでいる。
でも満開まではもう少しみたい。

それより行く途中の道の桜並木が一斉に花開いてた。
ここに越してきた時は若木だったのにもう成人式を迎えたよう。
添付写真はその桜です。

枝垂れ桜満開2017/04/03

予約していた歯科医院、後もう一回で終りと伺ってホッとする。
そのあとは整形外科にリハビリと注射をして戴きに。

先日の骨密度の検査結果を先生から伺うと、同世代の128%とのことでチョット嬉しかった。
独りになって料理は手抜きだけど栄養のバランスだけは結構気にして、乳製品と小魚類は毎食必ず摂ってるからかしら。

元気が出て帰りに枝垂桜を観に公園まで足を伸ばした。
サクラ祭りは終ったけれど結構人で賑わっている。

ほぼ 満開って感じ。
写真撮りまくったけれど難しいです。
本格的なカメラの方々が多くて三脚立ててる方もお見かけする。

私のデジカメでは限界かな。
仰ぎ見る大きな枝垂桜は年輪を感じ、溜め息が出るほど立派でした。

午後はゆっくりお昼寝してしまってもう外は真っ暗。
さあ 明日から頑張ろう。

春が来た♪2017/04/04

夕べも夜更かしして遅い目覚め、日が眩しい。
慌てて洗濯機を回して、朝ドラの録画を観ながら朝食を済ますと丁度洗い上がっている。
ベランダに干しに出ると、もう暖かい春の日射しだ。

大急ぎで支度してバス停に向かう。
月初めには色々用事や買い物が有るし、桜の様子も観たい。
手も膝も相変わらずだけど、心が弾むと余り気にならないから勝手なものだ。

バスの窓から川沿いの桜並木が7分咲きくらいで嬉しくなる。
帰りに寄って写真を撮ろうと、念のためにバッグの中をさぐったらナント忘れてきてる。
ガッカリでした。

まぁ 今週中くらいは大丈夫だろうから又来よう。
桜名所は近くに何箇所か有るから当分愉しみです。

添付写真は道沿いの花壇で摂った可愛いお花達。
街中に春が来た!って感じです。

春探訪2017/04/05

今日も左手のリハビリをして戴きに整形外科に。
少しずつだけど良くなってきた感じ、済んで報告方々久し振りに近くの家人のところへ寄った。
相変わらずワンちゃんも大歓迎してくれるのが嬉しい。

暖かい日射しに真直ぐ帰るのが惜しくて、お花見公園の桜を観に行く。
ここに移って来た当時は、山道の入り口にもなっているので気軽によく来たものだ。

直ぐ近くってイメージだったのに、歩いても歩いても住宅街が続いている。
やっと曲がり角の向こうに見覚えの景色が見えてきてホッとした。
桜はまだチラホラだったけれど、無人の静かなベンチに腰かけてゆっくり眺めました。
此処に来て13年の歳月を感じちゃいます。

週末は予定が詰まってるけれど、そのあとユックリあちこちのお花見するのが愉しみ。

添付写真は住宅街で見かけた立派な樹、黄色いお花が満開で見蕩れました。
相変わらず名前にはヨワイです。