受験の思い出(續)2017/02/24

風邪薬をイッパイ頂いて楽になったが、用心して大人しくしてると
大昔の今頃を思い出す。

女学校受験のことは先日チョット書いたが試験当日のことは何年か前に書いたことを思い出したので、女専の受験の時のことを。

昭和10年代には男子は中学校、女子は女学校で供に5年制で共学は無かった。
男子は4年から高等学校の受験ができたのに、女子は私が4年生のときからだった。

もう3学期になっていたように思う、
戦争が激しくなって来ていたから父も心配したのだろう、神戸を離れて京都の同志社を受けるようにと。
幼い時から父っ子だったから言われるままに、それに独立するのが嬉しい年令でもあった。

困ったのは、通信簿が無いのを幸いロクに勉強してなかった。
それに化学とかまだ習ってない教科も。

母は進学して婚期が遅れることだけを心配していたので、喜んで参考書などを買いに連れて行ってくれた。
学校も親公認で休んで、俄か勉強。 キツかったな。

何とか滑り込めたのはラッキーとしか。
でも新天地が開けたようで有頂天でした。
女学校の友人と別れるのは淋しかったけれど、5年に進級するとともに皆は工場に。

私は1年近く勉強できただけ、申し訳ないと思いながらも幸運でした。
それに戦災にも遭わずに〜。

何だか 試験運だけはイイほうみたい。
社会人になってからもイロイロ機会は有って、滑り込んでいます。

添付写真は、今日も外出できなかったので窓から見える冬景色を。

コメント

_ みーみ ― 2017/02/25 06:39

美海さん こんばんは(^_^)
美海さん いろいろ経験してますね さすがですーー
立派に学問されてます 素晴らしーいなーーー(^_^)☆

今日は 何と 八丈島に来ています(^_^)☆
八丈富士登りました。 強風で飛ばされそうでした。
今日は 一番寒い日なんですって 笑 参りました

_ さわ ― 2017/02/25 07:30

美海さんおはようございます

今も昔も受験は大変だったのではないでしょうか
受験はしませんでしたが同志社は私の憧れの大学でした

今102歳の母は徳島の田舎の女学校からひとり
東京の薬学専門学校に行きましたが家の事情で卒業は
して居ないのですよねでも病院に勤めていたとのことです

_ アスカ ― 2017/02/25 08:23

その時代に、専門教育を受けられた方は僅と思いますから、得難い受験だったと思います。 小生は地元名古屋での受験に失敗して、隣県静岡で学びましたが、毎日富士山を仰ぐ環境で、小人数の専門教育を学びました機会は生涯の財産と思っています。

_ 美海 ― 2017/02/25 18:16

みーみさんこんばんは(^^)
はーい 90年近く生きてるとイロイロと(^^)
あの頃は女性は家庭にの時代で、学問に対する真剣さに欠けてました(ーー;)

みーみさんのバイタリティ! 凄いな(^^v)♪
尊敬です〜☆

_ 美海 ― 2017/02/25 18:29

さわさん こんばんは
同志社、私も好きでした。
私は女専でしたがご一緒できたら嬉しかったなぁ☆
でも年代が違いますよね^^;

お母さま、素晴らしいですね!
あの頃、お一人ではるばる東京の薬学専門学校へ!!!
朝ドラの主人公みたい〜☆
私も神戸の薬専を目指してた時期もありました。

_ 美海 ― 2017/02/25 18:47

アスカさん
ほんと あの時代は女性は花嫁修行で、茶道、華道、お料理などなど、毎日お稽古事に通うのが普通でした。
女子にも教養をと云う考えだった父のお陰です。

毎日富士山を仰ぐ素晴らしい環境で少人数で専門教育をお受けになられたって素晴らしいです。
何が幸いになるか! 良かったですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック