思い出の本を2017/02/22

風邪がぶりかえさないように、今日は休養日と決めて、洗濯と簡単な家事を済ましたら後はベッドに。

書棚を眺めて懐かしい本を見付けて持ち込む。
「海からの贈り物」 リンドバーグ夫人 新潮文庫 吉田健一訳

この本を薦めてくれた友人は去年亡くなった。
アトリエの先輩でお世話にもなり、お宅へもよくお邪魔してご主人からは宇宙や哲学的なお話しを伺うのが楽しみでした。

お二人とも動物愛にあふれてて、捨て猫や、犬捕りから救い出したワンちゃんが愛情イッパイに育てられてたな。
戦後の厳しい大陸からの引き揚げ時の悲惨な体験からかも〜というのは私の勝手な想像です。

その彼女が結婚する前に、今のご主人に贈ったのがこの本だと。
自分を知ってもらいたくてって笑いながら。
早速、讀んで感動しました。

今日は久し振りに、新しい気持ちで読み返しいろいろ教えられたり考えさせられることがイッパイだった。
同じ本でも、年齢と今置かれた環境などからも感じる事が違って来ます。

私よりす〜っとお若かったのに相次いで亡くなられ茫然と〜。
でもお二方が残してくださったことは大きいです。
今日は懐かしさと感謝の思いを新たにしながら讀みました。

コメント

_ kazuko ― 2017/02/22 18:37

30数年前に出会って以来、何回も読み返した愛読書の登場、うれしいです!久しぶり手に取る機会を与えていただきました。
妻として、母として、そして何よりも私として・・・、などと肩肘張っていた頃が懐かしいです。7人の孫たちのおばあちゃんとなった今、
もう一度新たな気持ちで読んでみたいと思います。

_ みーみ ― 2017/02/22 23:54

美海さんこんばんは(^_^)
どんな内容なのでしょう 読んで見たいですね。
ゆっくりされて良かったですね。私の体も 戻ったかなって感じです(^O^) ぶり返すも 怖いところですが………お心使い有難うございます。

今日は 作って食べる会 チラシ寿司とツミいれのおすまし 果物も………後は最近のニュースのあれこれ お話もハズミマシタ…

_ さわ ― 2017/02/23 07:40

美海さんおはようございます

ずいぶん前に「海からの贈り物」を読みました
内容はすっかり忘れているのでもう一度読んでみたいです
飛行家のリンドバークの奥さんですよね

この本には美海さんの思い出もおありなのですね

_ 美海 ― 2017/02/23 19:00

kazukoさん
30数年前から愛読されてたのですね〜☆
私は60歳を過ぎてから友人に教えられて!
こんな素晴らしい本に巡り会えて感激でした〜。

そして、何年ぶりかに何となく読み返したくなり、
新たな想いで教えられるコトがいっぱいでした。
今の私にはピッタリ!

_ 美海 ― 2017/02/23 19:10

みーみさんこんばんは(^^)
この本、私は自分の人生の生き方について深い示唆を戴いたように思います。
真似は出来ないけれど(^^;)

回復力って個人の体力+年齢がでるものですねぇーー
みーみさんはキット大丈夫(^^v)
うわぁ 美味しそう〜♪

_ 美海 ― 2017/02/23 19:25

さわさんこんばんは!
もう随分前に讀まれたのですね!
私は60代になって、友人に勧められて初めて讀みました。
著者は有名な方の奥様で、ご自分も操縦なさったり、家庭もシッカリ守りながら、独りの人間としての深い思索に教えられました。

薦めてくれた今は亡き友人のことが忘れられないです。

_ 千絵 ― 2017/02/26 23:41

美海さん、こんばんは。
風邪が治られたようで、良かったですね。

友人から紹介された本って、
思い入れもひとしおですよね。
実は私も、「海からの贈物」、
学生時代に友人が教えてくれました。
懐かしいです。
もうじき3月ですね。
暖かくなって、外に出るのが楽しみですね。

_ 美海 ― 2017/02/27 20:00

千絵さん こんばんは。

有り難うございます。
お陰さまでやっと治って来た実感が湧いて来ました。
「海からの贈物」学生時代に、もう讀まれてらしたのですね!
私は60歳過ぎてから〜
でもスゴク共感で来ました!
春が待ち遠しいです〜♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
干支で寅の次は何でしょう?
(平仮名3文字でお答えください)

コメント:

トラックバック