ミステリに夢中だった頃2010/11/28

ミステリー好きの卯年
ミステリが本格的に好きになったのは50代半ば頃だったと思う。
少し暇ができて遊びたくなったのかも。
お定まりのアガサ・クリスティから入って耽読した。
それからエラリー・クイーン、デクスター、ケイン、チェスタトン、アイリッシュ、レンデル、クロフツ・・・・・・。
P・D・ジェイムズが何故か好きだったな。
ディック・フランシスの競馬シリーズは何かで貰った1万円で全册揃えて半月夢中になったっけ。
シリーズ物は新刊がでるのを待ち兼ねた。
後は古本屋の100円本を漁った。

パレツキー・サラあたりからミステリー離れが始まった気がする。
それでも7年前に引っ越しのため荷物を整理したとき、文学や美術全集などとともに何百冊のミステリ類も息子が引き取ってくれて嬉しかった。 読んだ本は愛着が有って手放せない。

日本のミステリーも話題作は読んでるが感情的な要素が身近でクールに推理が楽しめないことが多い。 勿論好きな作家は何人かいる。

それにしても読書傾向って結構年齢に左右されるのかなあ。
子供から青年の頃までは難しい本に夢中になった。
中年から読書は娯楽になった。 
そして今はノンフィクションに惹かれる。

しかし あのミステリに夢中になってた頃は楽しかったなと懐かしく思いだす。

今、借りてきたジョン・ハート「ラスト・チャイルド」の後半を読みながら、チョット昔の良き時代を思い出す様な雰囲気になった。